リスティング広告 運用代行サービス|株式会社カルテットコミュニケーションズ|Yahoo広告/Google広告正規代理店

【Youtube広告】インフィード動画広告の特徴と掲載場所について

公開日:
更新日:
インフィード動画広告

近年、企業のマーケティングやブランディングにおける動画コンテンツが注目されており、中でもYoutubeチャンネルは多くの企業が取り組んでいます。

そんなYoutubeにおいて、ターゲット ユーザーが視聴する可能性の高いコンテンツの近くで広告主のブランドや商品、サービスをアピールできるインフィード動画広告が提供されています。

今回は、Youtube広告のインフィード動画広告について紹介します。

インフィード動画広告の特徴について

インフィード動画広告とは、YouTubeホームや検索結果、おすすめ動画など、動画を探しているユーザーに表示される広告のことです。

ユーザーがインフィード動画広告をクリックすることで設定したYouTubeの動画再生ページかチャンネル ホームページで動画が再生される仕組みになっており、インフィード動画広告の大部分または全部を視聴した場合は、YouTube動画の視聴回数としてカウントされます。

メリット

インフィード動画広告のメリットは、以下の2つです。

  • 動画を探しているユーザーに広告を表示し、関連商品との比較検討を促せる
  • 関連性の高いコンテンツを積極的に視聴しているユーザーへのアピールが可能になる

構成

インフィード動画広告の構成は以下のとおりです。

  • 遷移させるYouTube動画
  • 動画のサムネイル画像
  • テキスト(見出しと説明文)

インフィード動画広告の掲載場所について

インフィード動画広告

インフィード動画広告は、YouTube の下記の場所に表示される可能性があります。

  • Youtube検索結果
  • 次のおすすめ
  • YouTubeアプリのホームフィード

それぞれ以下で紹介します。

YouTubeの検索結果

ユーザーの検索結果の上部に表示されます。 インフィード動画広告はオーガニックの動画より上部に表示されるので視認性が上がり、視聴の促進に期待できます。

次のおすすめ

「次のおすすめ」は、動画再生ページで表示される関連動画の上部または間に表示されます。

パソコンでは再生動画の横、YouTubeアプリでは再生動画の下に表示されます。

ホームフィード

広告は、YouTube のモバイルアプリとテレビ画面上でホームフィードの最上部、またはフィード内の動画と動画の間に表示されます。

ホームフィードとは、アプリを開いた時に表示される場所のことです。

ユーザーが「どの動画を視聴するか」「どういったキーワードで動画を探すか」を検討するタイミングで、動画の視聴を促すことができます。

まとめ

今回は、Youtube広告のインフィード動画広告について紹介しました。

今後の広告運用にぜひお役立てください。

1営業日以内に返信いたします 広告の運用代行についてのお問い合わせはこちら
シェアする

ブログ記事の中で広告運用の事例をご紹介することがありますが、実際の事例を一部加工した内容となっておりますのでご留意ください。

また、2018年7月24日よりGoogle AdWordsはGoogle広告に名称変更されました。それ以前の記事に関してはGoogle AdWordsと表記されておりますのでご了承ください。


リスティング広告の
情報をお届け

メルマガではリスティング広告に詳しくなれる記事を毎週一週間分まとめてお届けします。不定期にはなりますがリスティング広告に限らず、Web集客改善に繋がる資料もお送りしていきますので、興味のある方はぜひご登録ください。

カルテット編集部

この記事を書いた人

カルテット編集部

名古屋にある、リスティング広告運用代行専門の
カルテットコミュニケーションズの編集部です!

リスティング広告をはじめ、様々な媒体の最新情報やここでしか知れないプロの運用者が書いたテクニックを見ることができます!

毎週更新しているメルマガもお楽しみに!!!
実は中の人は一人です。

同じカテゴリの最近の記事