リスティング広告 運用代行サービス|株式会社カルテットコミュニケーションズ|Yahoo広告/Google広告正規代理店

今注目したいYouTubeオーディオ広告について解説!

公開日:
更新日:
YouTubeオーディオ広告

YouTubeオーディオ広告は、YouTubeで音楽やポッドキャストを、またYouTube musicでオーディオコンテンツを聴取しているユーザーに向けて配信可能な広告です。

音楽を長時間聴いている時、またバックグラウンドで音楽が再生されている時に流れるため、リーチ拡大やブランド認知度の向上に大きな効果があります。

オーディオ広告は、音声に特化した広告ならではの特徴も多く、今注目したいマーケティングの一つと言えるでしょう。

今回は、YouTubeオーディオ広告について特徴や仕様などを詳しくご紹介します。

YouTubeオーディオ広告の特徴

YouTubeオーディオ広告の特徴として、下記の4つが挙げられます。

  • 効率的なリーチが可能
  • シンプルな購入・設定
  • ターゲット機能と測定機能の合理化
  • コスパの良いクリエイティブ制作

それぞれ解説していきます。

効率的なリーチが可能

少ない費用で、動画キャンペーンのリーチを新しい広告枠に広げることが可能です。

音楽を聴いているユーザーのほとんどは、何かをしながら聴いている場合が多く、広告を飛ばすケースも少ないと言えます。

また、音声は耳に残りやすいため、広告認知がされやすいといった傾向があります。

シンプルな購入・設定

購入や設定は、他のYouTube広告フォーマットと同様です。

シンプルな方法となっているため、YouTubeに出稿したことがあれば、同じように簡単に行うことができます。

ターゲット機能と測定機能の合理化

高度なオーディエンス機能を利用できるのはもちろん、最新のブランド効果を測定することもできます。

また、これまでのYouTube広告同様、Google広告でのレポート表示も可能です。

コスパの良いクリエイティブ制作

オーディオ広告においては、映像として静止画やシンプルなアニメーションが推奨されています。

そのため、多くの場合、動画広告よりもクリエイティブの制作費用や手間を低く抑えられます。

YouTubeオーディオ広告の仕様

広告の長さは最長で15 秒、ベータ版プログラムの参加者は30秒のクリエイティブを使用できます。

また、ファイルサイズは最大で128GB、解像度は下記の通りです。

  • 426 x 240 (240p)
  • 640 x 360 (360p)
  • 854 x 480 (480p)
  • 1280 x 720 (720p)
  • 1920 x 1080 (1080p)
  • 2560 x 1440 (1440p)
  • 3840 x 2160 (2160p)

アスペクト比は16:9で、4:3 の場合は画像やアニメーションの左右両端に黒い帯が追加される仕様です。

動画を作成したらYouTube上に上げ、リンクを取得する必要があります。

YouTubeオーディオ広告の活用ポイント

オーディオ広告を活用する際は、次の4つのポイントを押さえておくと良いでしょう。

  1. 音声を重視した作成を心がける
  2. ナレーションは40単語を目安にテンポよく
  3. 会話口調でユーザーに寄り添う
  4. ユーザーの行動を促すフレーズを入れる

まとめ

YouTubeオーディオ広告

今回は、YouTubeオーディオ広告について特徴や仕様などをご紹介しました。

これからは、動画広告やバナー広告だけでなく、音声での広告も増加することが予想されます。

ぜひ、今後の広告運用にお役立てください。

1営業日以内に返信いたします 広告の運用代行についてのお問い合わせはこちら
シェアする

ブログ記事の中で広告運用の事例をご紹介することがありますが、実際の事例を一部加工した内容となっておりますのでご留意ください。

また、2018年7月24日よりGoogle AdWordsはGoogle広告に名称変更されました。それ以前の記事に関してはGoogle AdWordsと表記されておりますのでご了承ください。


リスティング広告の
情報をお届け

メルマガではリスティング広告に詳しくなれる記事を毎週一週間分まとめてお届けします。不定期にはなりますがリスティング広告に限らず、Web集客改善に繋がる資料もお送りしていきますので、興味のある方はぜひご登録ください。

カルテット編集部

この記事を書いた人

カルテット編集部

名古屋にある、リスティング広告運用代行専門の
カルテットコミュニケーションズの編集部です!

リスティング広告をはじめ、様々な媒体の最新情報やここでしか知れないプロの運用者が書いたテクニックを見ることができます!

毎週更新しているメルマガもお楽しみに!!!
実は中の人は一人です。

同じカテゴリの最近の記事