リスティング広告 運用代行サービス|株式会社カルテットコミュニケーションズ|Yahoo広告/Google広告正規代理店

【Google広告】動画トリミングで6秒間のバンパー広告が作成可能

Google広告 動画トリミング バンパー広告

世界中のユーザーが、Google広告で「動画トリミング」を利用できるようになりました。

動画トリミングは、長い動画を機械学習によって6秒間の動画に変換するツールで、これを使うことでバンパー広告の作成が簡素化されます。

今回は、バンパー広告を効率的に作成できて便利な動画トリミングについてご紹介します。

動画トリミングとは

動画トリミングは、機械学習モデルによって元の動画に含まれる重要なシーンやブランドの要素を特定し、6秒の動画フォーマットに合わせた編集を行うツールです。

Google広告のアセットライブラリから簡単にアクセスでき、キャンペーンに6秒間のバンパー広告がない場合だけでなく、異なるバージョンで比較したテストを行う場合、新しい広告のアイデアを探している場合にも役立ちます。

動画トリミングのベータ版は、2019年に「バンパーマシーン」としてリリースされました。

その後、改良された機械学習モデルの導入により、短い動画形式に合わせた映像クリップを選ぶ精度が向上しています。

また、より直感的に編集できるインターフェースが取り入れられている点も特徴の一つです。

動画トリミングのメリット

このツールを使用することによるメリットとして、下記の3つがあります。

  • 時間とリソースの節約
  • 広告のパフォーマンス向上
  • 新しい広告コンセプトのアイデア

それぞれ説明します。

時間とリソースの節約

動画トリミングは、シンプルで大変使いやすいセルフサービスツールです。

元の動画から数分以内にバンパー広告が作成できるため、時間も手間もかかりません。

広告のパフォーマンス向上

このツールを使って作成したバンパー広告は、キャンペーンの広告想起率やブランド認知度の向上に役立ちます。

バンパー広告と動画リーチキャンペーンを組み合わせることで単独での利用よりもリーチが拡大し、広告想起や多くの人にブランド名を広げる効果につながるでしょう。

また、バンパー広告は、コンバージョンの増加を目標に設定する際も効果的です。

動画アクションキャンペーンの実施後、CPM入札戦略による2つ以上のバンパーなどのブランド広告フォーマットを採用した場合、コンバージョンが平均9%増加したという結果が出ています。

新しい広告コンセプトのアイデア

簡易的にバンパー広告を作成することによって、カスタムバンパー広告を開発する際のヒントになります。

このアイデアを活用して、クリエイティブチームといっしょに新しい広告コンセプトを考案することができるでしょう。

まとめ

Google広告 動画トリミング バンパー広告

今回は、世界中のGoogle広告で利用できるようになった動画トリミングについて紹介しました。

ぜひ、今後の広告運用にお役立てください。

1営業日以内に返信いたします 広告の運用代行についてのお問い合わせはこちら
シェアする

ブログ記事の中で広告運用の事例をご紹介することがありますが、実際の事例を一部加工した内容となっておりますのでご留意ください。

また、2018年7月24日よりGoogle AdWordsはGoogle広告に名称変更されました。それ以前の記事に関してはGoogle AdWordsと表記されておりますのでご了承ください。


リスティング広告の
情報をお届け

メルマガではリスティング広告に詳しくなれる記事を毎週一週間分まとめてお届けします。不定期にはなりますがリスティング広告に限らず、Web集客改善に繋がる資料もお送りしていきますので、興味のある方はぜひご登録ください。

カルテット編集部

この記事を書いた人

カルテット編集部

カルテットコミュニケーションズ編集部。実は中の人は一人です。

同じカテゴリの最近の記事