リスティング広告 運用代行サービス|株式会社カルテットコミュニケーションズ|Yahoo広告/Google広告正規代理店

Google、広告とアナリティクスへの統合などGoogleタグの新機能を発表

Googleタグ タグの対象範囲

Googleは2022年10月5日に、Googleタグを広告とアナリティクスに統合する機能などの発表を行いました。

ウェブサイトに訪問するユーザーへの正しい理解は、タグによる正確な計測によって実現します。

そのためには、ウェブサイト全体を網羅でき、迅速で使いやすいタグ機能が必要です。

今回は、Gogleタグの広告とアナリティクスへの統合と、新しい機能「タグの対象範囲」について紹介します。

広告とアナリティクスに統合

Googleでは、Googleタグをより使いやすいものにするため、Google広告とGoogleアナリティクスのアカウント設定とコンバージョン設定のフローに統合します。

この新機能によって、コンバージョン測定の設定が迅速で容易になるのはもちろん、これまで専門的な知識が必要だったコードの追加も不要になります。

一般的なCMS(コンテンツ管理システム)やウェブサイトビルダーを利用していれば、手動でサイトコードを変更しなくても、ウェブサイト全体に新しいGoogleタグがインストール可能です。

また、既存の「gtag.js」の実装を再利用したり、新しいGoogleタグを作成して、ウェブサイトのコードを変更せずに導入したりすることもできます。

これらの作業は、CMSのGoogle広告およびGoogleアナリティクスアカウント設定フローで直接行えるため、大変利便性が高くなるでしょう。

ユニバーサルアナリティクスを使用している場合、ウェブサイトにGoogle広告またはユニバーサルアナリティクス用の「gtag.js」があれば、Googleアナリティクスの設定アシスタントで既存のGoogleタグを選択することができます。

ウェブサイトにGoogleタグがない場合や、「analytics.js」タグを使用している場合は、あらかじめ新しいタグを作成する必要がありますが、その作成も簡略化されたワークフロー内で行うことが可能です。

「タグの対象範囲」について

計測の精度を高めるには、ウェブサイトのすべてのページでタグを使用することが必須です。

しかし、デジタルプレゼンスが大きくなるにつれて、ページを見落としたり、新しいサイトセクションを見落としたりすることがよくあります。

今回新しく導入された「タグの対象範囲」を使用すると、ウェブサイトのどのページにGoogleタグが実装されているかを確認し、タグが実装されていないページをすばやく特定できます。

タグが実装されているページがサジェストで表示されるので、それをサマリーに追加して、後でこれらのページでのタグの適用範囲が把握可能です。

サジェストにウェブサイトのすべてのページが含まれていない場合は、URLを入力するか、CSVファイルをアップロードしてすぐに追加できます。

また、各ページの横にあるタグアシスタントのアイコンをクリックすると、タグが正しく実装されているかどうかを調べることができます。

タグの対象範囲でできることとして以下が挙げられます。

  • サイト全体のタグの対象範囲の概要確認
  • サイト定義(URLのリストのアップロード、無視するページの選択)の変更
  • タグ付けされていないページの迅速な特定
  • タグの対象範囲の改善点の検証
  • タグ付けステータスの概要(URL単位)のダウンロード

まとめ

Googleタグ タグの対象範囲

今回は、Gogleタグの広告とアナリティクスへの統合と、新しい機能「タグの対象範囲」について紹介しました。

今後の広告運用にぜひお役立てください。

1営業日以内に返信いたします 広告の運用代行についてのお問い合わせはこちら
シェアする

ブログ記事の中で広告運用の事例をご紹介することがありますが、実際の事例を一部加工した内容となっておりますのでご留意ください。

また、2018年7月24日よりGoogle AdWordsはGoogle広告に名称変更されました。それ以前の記事に関してはGoogle AdWordsと表記されておりますのでご了承ください。


リスティング広告の
情報をお届け

メルマガではリスティング広告に詳しくなれる記事を毎週一週間分まとめてお届けします。不定期にはなりますがリスティング広告に限らず、Web集客改善に繋がる資料もお送りしていきますので、興味のある方はぜひご登録ください。

カルテット編集部

この記事を書いた人

カルテット編集部

カルテットコミュニケーションズ編集部。実は中の人は一人です。

同じカテゴリの最近の記事