リスティング広告 運用代行サービス|株式会社カルテットコミュニケーションズ|Yahoo広告/Google広告正規代理店

【Google広告】カスタム列の特徴と設定手順を解説

Google広告には、条件を指定してGoogle広告のデータの一部を取り出し、確認したい特定の指標を表示できるカスタム列という機能が用意されています。

本記事では、Google広告のカスタム列の特徴と設定方法について解説していきます。

カスタム列の特徴

カスタム列とは、Google広告のデータを取り出して、計算式や関数と組み合わせることで確認したい指標のみをカスタマイズして表示できる機能のことです。

デフォルトの項目にはない指標をデータの切り口として詳細に定義できるため、ビジネスにおいて必要な情報を素早く把握できます。

たとえば、通常の 「クリック率」列では全体のクリック率しか確認できませんが、カスタム列を使用することで「パソコンでのクリック率」「モバイルでのクリック率」といったデバイスごとの列も追加できるようになります。

つまり、Google広告の既存の指標をもとに必要な指標をカスタマイズし組み立てができるため、Google広告から取り出したデータを改めてレポート化する手間を省略できるのです。

カスタム列の設定手順について

カスタム列は以下の手順で設定します。

  1. Google 広告アカウントにログイン
  2. ページメニューの「キャンペーン」「広告グループ」「[広告と広告表示オプション」、又は「キーワード」 をクリック
  3. 右上にある「表示項目の変更」を選択
  4. [+ カスタム列] をクリック
  5. 必要な情報を入力して列を作成
  6. 列の情報の入力が完了後、「保存]」をクリック

作成したカスタム列を選択し「適用」をクリックすることで、掲載結果データの表として確認できます。

なお、列の作成に必要な項目は以下のとおりです。

  • 列(表示項目)の見出し
  • 列の説明
  • 「+ 列」 をクリックし、「クリック数」「表示回数」などの指標を選択
  • フィルタの追加 ※一部の指標で設定可能
  • 算術演算子の追加

まとめ

今回は、Google広告のカスタム列についてご紹介しました。

カスタム列を利用することで、リスティング広告運用の工数も効率化にもつながります。

ぜひ今後の広告運用にお役立てください。

1営業日以内に返信いたします 広告の運用代行についてのお問い合わせはこちら
シェアする

ブログ記事の中で広告運用の事例をご紹介することがありますが、実際の事例を一部加工した内容となっておりますのでご留意ください。

また、2018年7月24日よりGoogle AdWordsはGoogle広告に名称変更されました。それ以前の記事に関してはGoogle AdWordsと表記されておりますのでご了承ください。


リスティング広告の
情報をお届け

メルマガではリスティング広告に詳しくなれる記事を毎週一週間分まとめてお届けします。不定期にはなりますがリスティング広告に限らず、Web集客改善に繋がる資料もお送りしていきますので、興味のある方はぜひご登録ください。

カルテット編集部

この記事を書いた人

カルテット編集部

カルテットコミュニケーションズ編集部。実は中の人は一人です。

同じカテゴリの最近の記事