リスティング広告 運用代行サービス|株式会社カルテットコミュニケーションズ|Yahoo広告/Google広告正規代理店

【Google動画広告】サーチリフトとデータポータルでの確認方法について

Google広告で動画キャンペーンを配信する場合、効果計測指標として「サーチリフト」を利用することもあるでしょう。

サーチリフトした数を確認するには、広告管理画面で見る方法とデータポータルで見る方法があります。

本記事では、サーチリフトについての説明と、サーチリフト数をデータポータルで確認する方法の特徴をご紹介します。

サーチリフトについて

サーチリフトは、 動画キャンペーンなどの認知施策を行った場合に、キーワードの検索数がどれくらい上昇しているのかを測定する指標です。

Google広告の動画広告を視聴したユーザーが自社名や自社商品名などのキーワードを検索した数を計測できるため、認知施策の是非が判断できます。

サーチリフトを確認するには、動画視聴をしたオーディエンスリストを作成し、検索キャンペーンにモニタリングとして設定する方法が一般的です。

また、サーチリフト数は広告管理画面だけでなく、データポータルでもオーディエンスリストを作成・利用することで設定や確認が可能です。

データポータルでのサーチリフト確認の特徴

データポータルでは、ピポットテーブルの表でオーディエンス別数値が見られます。

設定方法としては、まず、行のディメンションは「オーディエンス」「キャンペーン」「広告グループ」に設定し、「展開する – 折りたたむ」はオンに、デフォルトの展開レベルは「オーディエンス」にしておきましょう。

サーチリフト数の確認は、指標に「表示回数」を追加することで可能になります。
その後の行動も見たい場合は、クリック数やコンバージョンなども追加可能です。

サーチリフトをデータポータルで見ることには以下のメリットがあります。

  • リストの数値を集計した状態での可視化が可能
  • どのキャンペーン・広告グループへのサーチリフトが多かったのかが確認しやすい
  • サーチリフトが増えた時期や頭打ちになった時期などが確認しやすい

サーチリフトの数値を広告管理画面で見る場合、キャンペーン単位または広告グループ単位の数値に分割されて確認しづらくなりますが、データポータルならオーディエンスリスト単位の集計も日別の集計も可能なので、効率的に効果計測が実施できます。

まとめ

今回は、サーチリフトについて、さらにデータポータルでのサーチリフト数確認の特徴をご紹介しました。

計測に便利な機能なので、動画広告を実施する際におすすめです。

ぜひ今後の運用にお役立てください。

シェアする

ブログ記事の中で広告運用の事例をご紹介することがありますが、実際の事例を一部加工した内容となっておりますのでご留意ください。

また、2018年7月24日よりGoogle AdWordsはGoogle広告に名称変更されました。それ以前の記事に関してはGoogle AdWordsと表記されておりますのでご了承ください。


リスティング広告の
情報をお届け

メルマガではリスティング広告に詳しくなれる記事を毎週一週間分まとめてお届けします。不定期にはなりますがリスティング広告に限らず、Web集客改善に繋がる資料もお送りしていきますので、興味のある方はぜひご登録ください。



業界初のリスティング広告運用総合支援ツール Lisket(リスケット)

Googleアナリティクスのレポートが月額4,000円で無制限かつ簡単に作れる!『無限GAレポートメーカー』

リスティング広告の下請け業務請け負います

業種ごとの構成案テンプレートのご請求

リスティング広告お客様実績資料集のご請求

サービス概要ご紹介資料

お問い合わせ