リスティング広告 運用代行サービス|株式会社カルテットコミュニケーションズ|Yahoo広告/Google広告正規代理店

【Yahoo!広告】マッチタイプとは?

Yahoo!広告には、登録したキーワードに対して、どのような語句で検索されたときに広告を配信するのかを決める「マッチタイプ」という機能があります。

マッチタイプは、広告主の商品やサービスに関連する語句で、インターネットユーザーが探している情報と登録したキーワードの関連性が高いと広告が表示される仕組みです。

本記事では、Yahoo!広告のマッチタイプについてご紹介していきます。

マッチタイプの特徴

マッチタイプは、入札キーワードに対して、インターネットユーザーが検索したキーワードがどのような形式の場合に広告を表示するかを決定するものです。

マッチタイプは、以下の3種類です。

  • 完全一致
  • フレーズ一致
  • 部分一致

それぞれ詳しく解説していきます。

完全一致

完全一致は、入札キーワードと検索クエリーが同じ場合、または類似パターンに該当する場合に広告を表示します。

類似パターンとして該当するものは以下の通りです。

  • 語順が異なっても意味が同じになる語句
    (例:「ラーメン 東京」と「東京 ラーメン」)
  • 検索の意図に影響しない助詞や接続詞などが入っていた場合
  • 一部語句を省略した表現
    (例:「スマートフォン おすすめ」 「スマホ おすすめ」)
  • 類義語や言い換え
  • 検索意図が同じ語句

フレーズ一致

フレーズ一致は、検索キーワードの中に、入札キーワードと同じフレーズが検索クエリーの中に含まれている場合に広告を表示します。

たとえば、以下の場合に広告が表示されます。

  • 入札キーワードのフレーズ内に、検索キーワードが語順に関係なく含まれていた場合
  • 入札キーワードのフレーズと完全に一致するフレーズで検索された場合
  • 入札キーワードのフレーズの前後に他の語句を入れて検索された場合
  • 類似パターンに該当する場合

部分一致

部分一致は、入札キーワードの類義語や、関連性のある検索クエリーに対しても広告を表示します。

部分一致を設定すると、「完全一致」、「フレーズ一致」で引き当てられる検索キーワードも広告が表示されるため、マッチタイプの中では最も多く広告が表示されます。

まとめ

今回は、Yahoo!広告のマッチタイプについてご紹介しました。

マッチタイプの3種類の中でも、「部分一致」は最も多くの広告が表示されるため、検索広告の運用を始めたばかりの場合や、広告の表示機会を増やしたい場合におすすめです。

また、キーワードの絞り込みや、対象外キーワードを利用するなど、効率のよい広告表示を目指す場合には、「完全一致」を設定するなど、 運用していく中で、検索キーワードや広告掲載の傾向を把握しながら、今後の広告運用にお役立てください。

シェアする

ブログ記事の中で広告運用の事例をご紹介することがありますが、実際の事例を一部加工した内容となっておりますのでご留意ください。

また、2018年7月24日よりGoogle AdWordsはGoogle広告に名称変更されました。それ以前の記事に関してはGoogle AdWordsと表記されておりますのでご了承ください。


リスティング広告の
情報をお届け

メルマガではリスティング広告に詳しくなれる記事を毎週一週間分まとめてお届けします。不定期にはなりますがリスティング広告に限らず、Web集客改善に繋がる資料もお送りしていきますので、興味のある方はぜひご登録ください。



業界初のリスティング広告運用総合支援ツール Lisket(リスケット)

Googleアナリティクスのレポートが月額4,000円で無制限かつ簡単に作れる!『無限GAレポートメーカー』

リスティング広告の下請け業務請け負います

業種ごとの構成案テンプレートのご請求

リスティング広告お客様実績資料集のご請求

サービス概要ご紹介資料

お問い合わせ