リスティング広告 運用代行サービス|株式会社カルテットコミュニケーションズ|Yahoo広告/Google広告正規代理店

ショッピング広告とは?特徴とメリット・デメリットを解説

ECサイトを営まれていて、検索広告経由で自社の商品の売上を上げたい場合に、効果的なのがショッピング広告です。CPAも低く配信できるケースも多いので非常にオススメの広告です。

ショッピング広告はGoogle 広告が提供する広告メニューの一つで、Google検索結果の上部に画像付で商品の詳細情報を広告に盛り込めるメリットがあります。

本記事では、ショッピング広告の特徴とメリット・デメリットについてご紹介していきます。

ショッピング広告とは

繰り返しになりますが、ショッピング広告とは、おもにGoogle検索結果に掲載される広告のことで、商品の画像・価格・在庫状況といった詳細情報を表示できます。

ショッピング広告の特徴は、以下の4点です。

  • 配信方法は、Google 広告のショッピングキャンペーンを使う
  • キーワードの指定が不要
  • 検索キャンペーンを配信中のアカウントでも、テキスト広告とは別で掲載可能
  • ユーザーの検索語句と関連する情報を持つ商品に対してオークションされる

ショッピング広告の配信面

ショッピング広告は、Googleの検索結果以外にも以下の場所へ掲載されます。

  • Google検索 「すべて」タブ(上部または右側広告枠)
  • Google検索「ショッピング」タブ
  • Google検索「画像」タブ
  • Google検索 パートナー サイト(検索パートナーを含める設定の場合)
  • YouTube、Gmail、Google Discover を含む Google ディスプレイ ネットワーク (配信有無を選択可能)

引用元:Google広告ヘルプ|ショッピング キャンペーンとショッピング広告について

ショッピング広告のメリット・デメリット

ショッピング広告のメリットとデメリットについてご紹介します。

メリット

ショッピング広告を活用する上でのメリットは以下の3点です。

  • 画像付きで商品情報が表示できる
  • 商品詳細ページへの直接誘導できる
  • 検索結果上部へ広告掲載できる

3つのメリットの理由について、以下で詳しく解説します。

画像付きで商品情報が表示できる

ショッピング広告では、商品の画像・名前・価格、店舗または会社名などの詳細な情報を広告内に盛り込むことが可能です。

ユーザーが広告をクリックする前に商品に関する詳細情報を伝えることができるため、購入意欲の高いユーザーがサイトに流入してくれる可能性が高いというメリットがあります。

商品詳細ページへの直接誘導

ショッピング広告は、シンプルな導線で広告をクリックしたユーザーがスムーズに商品を購入できるように商品詳細ページへ直接誘導することができます。

検索結果上部へ広告掲載できる

ショッピング広告は、より多くのユーザーの目に留まりやすいGoogle 検索の最上部または最下部に広告を掲載することが可能です。

デメリット

ショッピング広告を活用する際のデメリットは以下の2点です。

  • 商品フィードの作成をする工数がかかる
  • キーワード単位での細かい入札コントロールできない

2つのデメリットの理由について、以下で詳しく解説します。

商品フィードの作成をする工数がかかる

ショッピング広告を利用する際に必要になるのが、商品フィードです。商品の点数が多い場合は、開始時のフィード作成にかなり工数を取られることになるでしょう。

しかし、一度フィードを作成してしまえばスタート以降の運用は楽になるというケースも多いです。

自社の商品マスタをどの程度加工する必要があるかを確認した上で、作業効率が悪くなりそうであれば、利用中のカートシステムの連携機能や外部サービスの利用も検討されるのをおすすめします。

参考:Google広告ヘルプ|フィードについて 

キーワード単位での細かい入札コントロールできない

ショッピング広告では、掲載したいキーワードをコントロールしたり、キーワードごとの入札を細かく調整することができません。

商品フィードやランディングページの情報にもとづき、表示される検索語句が決定される仕組みになっています。

表示させたくないキーワードがある場合には、除外キーワードを設定することで、不要な広告露出を抑えることが可能です。

まとめ

今回は、ショッピング広告の特徴とメリット・デメリットについてご紹介しました。

商品フィードの作成に工数がかかるという理由で、ショッピング広告の導入を見送っている方もいるかもしれませんが、一度商品フィードを用意すれば、その後の広告運用はかなり楽になります。

Googleの検索結果の上部や画像検索からも表示が可能なため、これまでリーチできていなかったユーザー層へのアプローチも可能です。この機会に導入してみてはいかがでしょうか。

シェアする

ブログ記事の中で広告運用の事例をご紹介することがありますが、実際の事例を一部加工した内容となっておりますのでご留意ください。

また、2018年7月24日よりGoogle AdWordsはGoogle広告に名称変更されました。それ以前の記事に関してはGoogle AdWordsと表記されておりますのでご了承ください。


リスティング広告の
情報をお届け

メルマガではリスティング広告に詳しくなれる記事を毎週一週間分まとめてお届けします。不定期にはなりますがリスティング広告に限らず、Web集客改善に繋がる資料もお送りしていきますので、興味のある方はぜひご登録ください。



業界初のリスティング広告運用総合支援ツール Lisket(リスケット)

Googleアナリティクスのレポートが月額4,000円で無制限かつ簡単に作れる!『無限GAレポートメーカー』

リスティング広告の下請け業務請け負います

業種ごとの構成案テンプレートのご請求

リスティング広告お客様実績資料集のご請求

サービス概要ご紹介資料

お問い合わせ