リスティング広告 運用代行サービス|株式会社カルテットコミュニケーションズ|Yahoo広告/Google広告正規代理店

Googleのスマートショッピングキャンペーンで広告効果を最大化!メリットや配信要件・注意点も解説

ここ数年で様々な業態のECサイトが増えてきました。

昨今の情勢で店頭販売からインターネット販売を開始された事業者様も少なくないのではないでしょうか。

なかなか結果が出ないとお悩みの事業者様にオススメしたいのがGoogle広告の「スマートショッピングキャンペーン」。

本記事を読めば、スマートショッピングキャンペーンとは何か、メリットや要件、掲載先について知ることができます。

ぜひ最後までご覧ください。

スマートショピングキャンペーンとは

スマートショッピングキャンペーンとは、機械学習による高度な最適化が行われる配信メニューです。

従来のショッピング広告でも、自動入札やキーワードのターゲティングなど一部に自動化が適用されていましたが、スマートショッピングキャンペーンは、広告の作成、ターゲティング全般、入札価格・予算割り当てなど広い範囲が自動化されます。

Googleのアルゴリズムを活用し、効果が高いと判断された配信面に対し広告が表示されるので、キャンペーン管理を簡素化できます。

広告運用に時間があまり取れないという方は、まずは手間の少ないスマートショッピングキャンペーンを配信してみると良いでしょう。

スマートショピングキャンペーンの掲載先

スマートショッピングキャンペーンの掲載先は大きく分けて3つです。

  1. Google検索ネットワーク
  2. Googleディスプレイネットワーク
  3. YouTubeやGmailなどのGoogleネットワーク全体

従来のショッピング広告はGoogle検索ネットワークのみでしたが、スマートショッピングキャンペーンでは、GoogleディスプレイネットワークやYouTube、GmailなどGoogleネットワーク全体にも広告配信されるようになりました。

自動作成された広告に対してプレースメントが最適化されるので、広告はユーザーとの関連性の高い掲載先の広告スペースに表示されます。

動的リマーケティングの配信もできるため、過去に商品ページやウェブサイトを訪問したことがあるユーザーにニーズに合わせた広告配信を自動で行なうことができます。

従来のショッピングキャンペーンとの違い

従来のショッピングキャンペーンとの違いは以下の通りです。

スマートショッピングキャンペーン 従来のショッピングキャンペーン
掲載先 ・Google検索

・Googleディスプレイネットワーク

・YouTube

・Gmail

Google検索
ターゲティング方法 自動

(検索語句、ユーザー属性、閲覧履歴他)

データフィードと検索語句
検索語句レポート 対応不可 対応可
除外キーワード設定 対応不可 対応可
オーディエンス設定 指定不可

(自動ターゲティングのため)

リマーケティング・類似ユーザーの指定可

スマートショピングキャンペーンのメリット

スマートショッピングキャンペーンのメリットを2つご紹介します。

作成・管理がかんたんで管理がしやすい

スマートショッピングキャンペーンは、ショッピング広告が配信される面の他に、ディスプレイ広告の面にも配信することができるのは最大のメリットです。

またターゲティングの他にも広告の作成や入札、予算の配分などがすべて自動的に調整されますので、日々の管理の手間も少ないのが特徴です。管理のしやすさは大きなメリットであると言えます。

配信面の多さと優先配信でコンバージョン数アップが期待できる

スマートショッピングキャンペーンでは常のGoogleショッピング広告よりも優先して配信がされます。

従来のショッピング広告は検索連動型なので、商品と関連のある検索をおこなったユーザーにしか配信できません。

しかし、スマートショッピングキャンペーンは、検索はしていないが商品を購入する可能性があると判断したユーザーに対しても広告を配信します。

配信面でもショッピング枠+ディスプレイネットワークやGmailなどにも配信されるため、配信量が大幅に増え、コンバージョン増加が期待できます。

スマートショピングキャンペーンの要件

スマートショッピングキャンペーンを開始する前に、以下の設定を事前に行っておきましょう。

  • Google広告アカウントの設定
  • 最新の商品データが登録されたMerchant Centerアカウント
  • Merchant Center アカウントとGoogle 広告アカウントをリンクさせておく

そして、スマートショッピングキャンペーンを設定するにあたり、以下の要件を満たす必要があります。

  1. どのタイミングで広告がコンバージョンにつながったかを測定するため、注文や購入ごとに値を割り当てるよう事前にコンバージョントラッキングを設定
  2. 機械学習での最適化を行うため、既存のショッピングキャンペーンで過去45日間に20件以上のコンバージョンを獲得していること
  3. 動的リマーケティングを使用できるように、ウェブサイトにグローバルサイトタグを追加して、100 人以上のアクティブユーザーを含むリマーケティングリストをアカウントに関連付ける
  4. 従来のショッピングキャンペーンの要件を満たし、ショッピング広告のポリシーに準拠している

参考:スマート ショッピング キャンペーンについて - Google 広告 ヘルプ

つまり、広告管理画面上でコンバージョン値(売上金額)が確認できるよう設定されており、ある程度のコンバージョン規模とリマーケティングリストを活用されていて、ポリシーに準拠していることが必要です。

スマートショッピングキャンペーンの利用にあたって注意すべき4つのポイント

自動化というメリットのあるスマートショッピングキャンペーン、利用にあたって注意すべきポイントを4つご紹介します。

運用者がコントロールできる部分が少ない

スマートショッピングキャンペーン最大のメリットである自動化ですが、運用者がコントロールできる部分が少ないという点においては注意が必要です。

オーディエンス別(リマーケティングリスト別など)のパフォーマンスや、ネットワーク別(検索広告、ディスプレイネットワークなど)のパフォーマンスを確認することができません。

どの配信面の成果がいいか、悪いかの確認やコントロールができないため、自動調整に任せることになります。

他のショッピングキャンペーンを停止しておく

同じ商品や商品グループは、スマートショッピングキャンペーンが優先的に配信されます。

既にショッピング広告を出している、スマートショッピングキャンペーンの機械学習に影響が出ないように、通常のショッピングキャンペーンは停止しておく必要があります。

検索語句の確認ができない

スマートショッピングキャンペーンには従来のショッピング広告にはある、広告が配信された検索語句を確認するという機能がありません。

成果がいい検索語句を発見するといった使い方ができませんので、従来のショッピング広告の方が手間はかかるものの柔軟な設定が可能です。

十分なデータを蓄積するためにある程度時間がかかる

スマートショッピングキャンペーンは、機械学習を使用するためデータ収集に時間がかかります。 新しいキャンペーンの掲載結果は2週間程度経ってから評価すると良いでしょう。 また、商品によっては購入まで数日かかるものもあるので、すぐに評価せずコンバージョンまでの日数を把握しておく必要があります。

まとめ

スマートショッピングキャンペーンは、機械学習を利用したクリエイティブ生成やターゲティング、広告の配信場所などが自動化された配信メニューです。

必要な要件があり、自動化しているが故のコントロールができる部分が少ないなどのデメリットもありますが、それ以上のメリットが期待できる配信メニューだと言えます。

ユーザーのニーズに沿った商品をアピールすることができるスマートショッピングキャンペーンは、今後EC サイトオススメな運用者様ににとって欠かせない広告メニューになっていくと考えられます。

この機会にぜひスマートショッピングキャンペーンの導入をご検討されてみてはいかがでしょうか。

1営業日以内に返信いたします 広告の運用代行についてのお問い合わせはこちら
シェアする

ブログ記事の中で広告運用の事例をご紹介することがありますが、実際の事例を一部加工した内容となっておりますのでご留意ください。

また、2018年7月24日よりGoogle AdWordsはGoogle広告に名称変更されました。それ以前の記事に関してはGoogle AdWordsと表記されておりますのでご了承ください。


リスティング広告の
情報をお届け

メルマガではリスティング広告に詳しくなれる記事を毎週一週間分まとめてお届けします。不定期にはなりますがリスティング広告に限らず、Web集客改善に繋がる資料もお送りしていきますので、興味のある方はぜひご登録ください。

カルテット編集部

この記事を書いた人

カルテット編集部

名古屋にある、リスティング広告運用代行専門の
カルテットコミュニケーションズの編集部です!

リスティング広告をはじめ、様々な媒体の最新情報やここでしか知れないプロの運用者が書いたテクニックを見ることができます!

毎週更新しているメルマガもお楽しみに!!!
実は中の人は一人です。

同じカテゴリの最近の記事