リスティング広告 運用代行サービス|株式会社カルテットコミュニケーションズ|Yahoo広告/Google広告正規代理店

【Yahoo!広告ニュース】YDAオーディンエンスリスト「デフォルト」の提供終了と移行先について

公開日:
更新日:
YDA

Yahoo!広告 ディスプレイ広告(運用型)のオーディエンスリストにおいて「デフォルト」の提供が終了します。

デフォルトリストの提供終了に伴い今後は、ウェブサイト訪問ユーザーのオーディエンスリストに移行されるとのことです。

本記事ではその概要についてお伝えします。

実施スケジュールについて

デフォルトリストの提供終了及びウェブサイト訪問ユーザーのオーディエンスリストへの移行スケジュールは以下のとおりです。

実施日:2023年9月5日~9月7日(予定)

移行により、リスト種別が「デフォルト」だったものが、「ウェブサイト訪問ユーザー」に切り替わります。

また、キャンペーンエディターにおいて、以下の変更が実施されるとのことです。

  • 実施日以降にキャンペーンエディターをアップデートすると、キャンペーンエディター上のデフォルトリストにエラーが表示 デフォルトリストの編集ができなくなる
  • リスト種別に「デフォルト」を指定したインポートができなくなる

 

パフォーマンスレポートにおいても、移行前はデフォルトリストの実績として出力されていたデータが、移行後には、ウェブサイト訪問ユーザーのオーディエンスリストの実績として出力されるようになります。

注意点としては、デフォルトリストをアプリユーザーを蓄積するオーディエンスリストとして利用していた場合です。こちらもリスト種別が「ウェブサイト訪問ユーザー」に移行されます。そのため、実施日までに移行の対応をしておきましょう。

移行の背景

今回の移行は、2021年から順次開始されたオーディエンス管理機能の提供一環です。

これは、クライアントデータやYahoo! JAPANの持つオーディエンスデータを運用負荷なく活用するために行われています。

オーディエンス管理機能の提供により、オーディエンスリストとオーディエンスソースの管理が分けられるようになるため、よりデータの管理がしやすくなります。

まとめ

YDA

今回は、YDAのアップデート情報として、オーディエンスリストの「デフォルト」の提供終了と移行先について紹介しました。

移行スケジュールは2023年9月5日~9月7日の予定です。

実施日以降は、全てのデフォルトリストがウェブサイト訪問ユーザーのオーディエンスリストに移行されますので、押さえておきましょう。

 

1営業日以内に返信いたします 広告の運用代行についてのお問い合わせはこちら
シェアする

ブログ記事の中で広告運用の事例をご紹介することがありますが、実際の事例を一部加工した内容となっておりますのでご留意ください。

また、2018年7月24日よりGoogle AdWordsはGoogle広告に名称変更されました。それ以前の記事に関してはGoogle AdWordsと表記されておりますのでご了承ください。


リスティング広告の
情報をお届け

メルマガではリスティング広告に詳しくなれる記事を毎週一週間分まとめてお届けします。不定期にはなりますがリスティング広告に限らず、Web集客改善に繋がる資料もお送りしていきますので、興味のある方はぜひご登録ください。

カルテット編集部

この記事を書いた人

カルテット編集部

名古屋にある、リスティング広告運用代行専門の
カルテットコミュニケーションズの編集部です!

リスティング広告をはじめ、様々な媒体の最新情報やここでしか知れないプロの運用者が書いたテクニックを見ることができます!

WEB広告(リスティング広告・ディスプレイ広告・SNS広告)・SEO・データ分析・SNS運用など、WEBマーケティングに精通したメンバーが執筆。

毎週更新しているメルマガもお楽しみに!!!

同じカテゴリの最近の記事