リスティング広告 運用代行サービス|株式会社カルテットコミュニケーションズ|Yahoo広告/Google広告正規代理店

Yahoo!レスポンシブ検索広告|アセットレポートについて

Yahoo!レスポンシブ検索広告のアセットレポート

Yahoo!のレスポンシブ検索広告では、タイトル・説明文を構成するテキスト(アセット)を複数入稿することで、アセットを自動的に組み合わせて最適な広告が掲載可能です。

そのレスポンシブ検索広告で作成したアセット別に掲載評価などが確認できるアセットレポートを活用することができます。

本記事では、Yahoo!レスポンシブ検索広告のアセットレポートについてご紹介します。

アセットレポートとは

アセットレポートとは、レスポンシブ検索広告のアセット(タイトル、説明文)別のレポートのことをいいます。

アセットレポートの確認方法は以下のとおりです。

  1. 広告管理ツールのキャンペーン管理画面「表示内容選択」より「広告」タブを選択
  2. 広告名の下に表示される「アセット詳細」をクリック
  3. 詳細画面に遷移後、アセット詳細画面を表示可能に

アセットレポートの主な表示項目

 

Yahoo!レスポンシブ検索広告のアセットレポート

レスポンシブ検索広告アセットレポートの主な表示項目は以下の5つです。

  • アセット・・・該当のレスポンシブ検索広告に登録した各アセットの内容を表示
  • アセットタイプ・・・タイトルか説明文どちらのアセットかを表示
  • 表示位置の固定・・・タイトル・説明文に表示されるアセットの位置を固定する設定内容を表示
  • インプレッション数・・・アセットが表示された回数を表示
  • 掲載評価・・・掲載評価を[最良/良/低/学習中/低/保留/未評価]で表示

5つめの掲載評価の中でも、「学習中」の場合は、該当のアセットに対して十分なインプレッションが発生していないなど、評価に必要な情報を収集している場合に表示されます。

また、「保留」は約30日間のインプレッション数が5,000件に満たない場合に表示され、「未評価」はアセットの評価ができない状態を指します。

まとめ

今回は、Yahoo!レスポンシブ検索広告のアセットレポートについてご紹介しました。

アセットレポートは、最低でも1ヶ月ごとの定期的な確認・メンテナンスをすることで広告効果の最大化を目指すとよいでしょう。

ぜひ今後の広告運用にお役立てください。

1営業日以内に返信いたします 広告の運用代行についてのお問い合わせはこちら
シェアする

ブログ記事の中で広告運用の事例をご紹介することがありますが、実際の事例を一部加工した内容となっておりますのでご留意ください。

また、2018年7月24日よりGoogle AdWordsはGoogle広告に名称変更されました。それ以前の記事に関してはGoogle AdWordsと表記されておりますのでご了承ください。


リスティング広告の
情報をお届け

メルマガではリスティング広告に詳しくなれる記事を毎週一週間分まとめてお届けします。不定期にはなりますがリスティング広告に限らず、Web集客改善に繋がる資料もお送りしていきますので、興味のある方はぜひご登録ください。

カルテット編集部

この記事を書いた人

カルテット編集部

カルテットコミュニケーションズ編集部。実は中の人は一人です。

同じカテゴリの最近の記事