リスティング広告正規代理店|Yahoo!プロモーション広告・Google広告完全対応|東京・大阪・名古屋

【無料資料ダウンロード】これだけは必ず押さえて!リスティング広告運用を始める前に知っておくべきこと


 

本ページを御覧頂いている方へ

以下、無料ダウンロードできる資料の内容を少しだけお見せします!!
リスティング広告運用代行専業である弊社ならではのノウハウが詰まった内容を無料公開しておりますので、是非ダウンロードして御覧ください!

1. コンバージョン数はクリック数×コンバージョン率で決まる

コンバージョン数は下記の方程式で算出できます。

コンバージョンの計算式

  • 1,000クリック×コンバージョン率1%=10コンバージョン
  • 2,000クリック×コンバージョン率2%=40コンバージョン

クリック数を増やすことが先決です。
コンバージョン率を上げることは難しいですが、クリック数は上げやすいためです。
上記表示を狙うより、入札を下げてクリック数を増加させることをおすすめします。

1-1. クリック数を増やすためにすべき4つの対応

クリック単価抑制に繋がる対応は下記の4つです

  1. 入札価格の抑制
  2. 広告予算の増額
  3. 品質スコアの改善
  4. 広告表示オプションの設定

広告予算が頭打ちしていない場合はキーワード追加の対応をしましょう。
これから紹介する方法は「広告予算が頭打ちしている場合」にクリック数を増やす方法です。予算が使えず、クリック数が増えない場合はキーワード追加をしましょう。

①入札価格の抑制

時間帯別データ

キーワードの入札価格を下げましょう。

時間単位で徐々にクリック数が少なくなっている場合は入札価格を下げてみることをおすすめします。

入札価格の下げすぎに注意!
入札価格を下げすぎると広告表示が少なくなり、クリック数がかえって減少する恐れがあります。下げすぎには注意しましょう。

②広告予算の増額

予算が足りないために、クリックが増えない場合は予算を増額しましょう。

【クリック単価100円の場合】

  • 予算1万円:100クリック
  • 予算5万円:500クリック

予算を増やさずにクリック数を増やすのは限界がある
入札価格を下げたり、後述する品質スコアを改善することでクリック数を増やせます。
できる限り改善をすべきですが、予算を増やさずにできる改善には限界があるのが現実です。

..続きが気になる方は、以下からダウンロードして無料でご覧頂けます。

当フォームにご記入いただきました個人情報は、お問い合わせ・資料請求へのご対応の他、当社が取り扱う各種商品・サービス等の情報提供(電子メール、電話等による)に利用させていただきます。予めご了承ください。