リスティング広告代行の専門会社|Yahoo!プロモーション広告・Google AdWords完全対応|東京・大阪・名古屋

ニュースフィードは何順? エッジランクの仕組み


Facebookのニュースフィードには、 『ハイライト』『最新情報』という、二種類の表示方法があります。

最新情報とは、文字通り更新された順にみんなの投稿が並ぶもの。 では『ハイライト』は、何順で並んでいるのでしょうか?

ハイライトは『自分に合っている情報』?

そもそもFacebookは、自分でウォールに書き込んだり、 友達の投稿を「いいね」したりしてみんなと交流しようというもの。

そんな友達の書き込みまとめて見れるのがニュースフィードですが、 そのニュースフィードのハイライト表示は、 エッジランクというアルゴリズムのもと、自分に合った投稿順に並べられています。

つまり、自分の友達の投稿を『自分に合っているであろう順』に、Facebookが並べ換えてくれるということです。_ では、Facebookは何を基準にその人に合っていると判断するのでしょうか? そのアルゴリズム(好みみたいなもの)を、エッジランクと言います。

_

※Facebookのエンジニア Ruchi SanghviとAri Steinbergが発表したエッジランクアルゴリズムの解説の図。

エッジランクとは

このエッジランクには、3つの要素があります。

①time(時間) 投稿してからどれだけ時間が経ったか。

②affinity score(親密度) 投稿した人と普段どれだけコミュケーションをとっているか。 ・コメント、いいね、タグ付け、メッセージ etc.

③weight(ウェイト) その投稿自体が、他の人からどれだけ支持されているか。 ・いいねの数、シェアされた数 etc. ・投稿の内容は、コメント>いいね 画像や動画>テキストのみ

この3つの要素をFacebookは得点化し、皆さんのニュースフィード上に並べています。 ちなみに、それぞれの要素には 時間 > 親密度 > 重み の順番で優先度もあるようで、 これを見ると、その投稿自体の支持率よりも、投稿者との親密度が優先されているのが分かります。

_

このエッジランクは、個人ユーザーの更新情報だけでなく、Facebookページにも適用されるため、 Faceboookページから発信した情報をきちんとユーザーに届けたいなら、 一方通行で情報を発信するのではなく、その投稿に対して、ユーザーからリアクションしてもらうことも必要になってきます。

つまり、有効にFacebookをツールとして使うなら、 投稿や記事へのコメント(いいね!よりコメントをもらえるくらい価値のあるものを目指す)をもらい、 親密性の高いユーザーを多く持ち、 そのユーザーに継続して投稿やコンテンツを提供し続ける、 この3点に気をつける必要がありそうです。

カルテットでは、メンバー4人が交代でTopicsを更新しています。 毎日様々な視点で皆さんに情報発信できるように努めているので、明日もぜひご覧ください。



無料メルマガ

登録はたったの5秒!一週間分のコラムを毎週月曜にメールでお届けします。


業界初のリスティング広告運用総合支援ツール Lisket(リスケット)

リスティング広告の下請け業務請け負います

リスティング広告お客様実績資料集のご請求

サービス概要ご紹介資料

お問い合わせ