リスティング広告代行の専門会社|Yahoo!プロモーション広告・Google AdWords完全対応|東京・大阪・名古屋

Facebookページの活用(3)


前回の予告通り、今日はFacebookページの作り方をご紹介します。

Facebookページは、レンタルサーバーを借りてファイルをアップロードする方法もありますが、 Facebookのアプリを使うことで簡単に作って行きましょう。

まず、こちらにアクセスします。

今回は、架空のデザイン会社を作るという設定で進めます。 赤枠の「会社名または団体名」をクリック

カテゴリを選び、会社名を入力し、「スタート」をクリック。

Facebookページで使う画像をアップロードします。

右下の「続行」をクリック。

ここでは、必要に応じて情報を設定して下さい。 特に必要なければ何もせずに「続行」をクリック。

「続行」をクリック。

これで、Facebookページの完成です。あっという間に出来ました。

しかし、これだけでは赤枠に示したように「ウォール」と「基本データ」と「写真」しかコンテンツがありません。自分の会社をアピールするためのページがない状態です。

そこで、冒頭で触れたようにFacebookアプリを使います。

こちらにアクセスします。

すると、「Static HTML」というFacebookアプリのページに遷移するので、「アプリへ移動」をクリックします。

次に「Static HTML 管理画面へ」をクリック。

赤枠内から、先程作ったFacebookページを選択する。

赤枠の「編集する」をクリック。

Facebookページの編集画面です。好きなテキストを入力します。画像をアップロードすることもできます。入力後「保存」をクリック。

「いいね!」ボタンを設置したり、「いいね!」ボタンを押す前と、押した後での表示切り替えもできます。

最後に、「タブを追加」をクリック。

するとこのように、左メニューに「Static HTML」というタブができ、先程入力したテキストが表示されていることがわかります。

このように、皆さんでも比較的簡単にFacebookページを作ることができます。 また、今回使った「Static HTML」というアプリは、追加ページ1ページまでは無料で使う事ができます。

「もっとクオリティの高いFacebookページを作りたい!」 「複数のページを追加して、自社のアピールをしたい!」 などのご相談があれば、お気軽にカルテットコミュニケーションズにお問い合わせ下さい!

カルテットコミュニケーションズのFacebookページはこちら↓



業界初のリスティング広告運用総合支援ツール Lisket(リスケット)

Facebookもチェック