リスティング広告代行の専門会社|Yahoo!プロモーション広告・Google AdWords完全対応|東京・大阪・名古屋

PCのブラウザで、Webサイトのスマホ版表示を確認する


スマートホンの急速な普及により、今まではPCにしか対応していなかったWebサイトのスマホ対応が少しずつ進みつつあります。

ところで、そもそもスマホ対応とはどういうことかご存知でしょうか。

スマホ対応とは何か

スマホのブラウザでWebサイトを見ると、レイアウトはPCで見たときのままで、画面サイズに合わせて単純に圧縮されたような表示になる場合と、PCで見たときとは異なる、スマホに最適化されたレイアウトで表示されることがあります。

後者は、サイト側で「スマホから見たときはこんなレイアウトで見せる」という設定をしているのです。これがスマホ対応です。

Webブラウザは、見たいページをWebサーバに要求するときに、欲しいページのURLだけでなく様々な付加情報を送っています。その中の一つに、User-Agentという項目があり、これが「自分は○○という種類のブラウザです」という情報になっています。Webサイト側では、このUser-Agentを見て、PCとスマホで表示する内容を分けているわけです。

User-Agentを偽ればPCでもスマホのフリができる

スマホ対応サイトの開発をしているときなど、スマホ版の表示をPCから確認したいと思うことは少なくありません。そこで、「本当はPCのブラウザなんだけど、User-Agentで渡す情報をスマホのブラウザと偽って、スマホ用のページデータを受け取ってしまう」ということが出来るツールが存在します。

一例ですが、

これらはFirefox、Chromeのアドオン(拡張機能)として動作するツールで、導入も使い方も簡単なので試しに使ってみるにはおすすめです。

実際に使ってみる

FireMobileSimulator for Google Chromeをインストールして拡張機能アイコンを開くと、以下のようなリストが出てきます。

SB iPhone 3Gを選択した状態でスマホ対応したWebサイトを開くと、iPhoneで表示したときと同じレイアウトで表示されます。

スマホでサイトの表示確認をすることがある人は、使ってみてもいいかもしれません。




業界初のリスティング広告運用総合支援ツール Lisket(リスケット)

リスティング広告の下請け業務請け負います

リスティング広告お客様実績資料集のご請求

サービス概要ご紹介資料

お問い合わせ