リスティング広告代行の専門会社|Yahoo!プロモーション広告・Google AdWords完全対応|東京・大阪・名古屋

2011/09/19

Facebookページの活用(2)


前回こちらの記事で、Facebookページをビジネスでうまく活用している企業をご紹介しました。 「よし!自分でもFacebookページを作ってみよう!」と思っている方も多いと思います。

しかしその前に、Facebookを利用する上で重要な「ウォール」「ニュースフィード」について、きちんと理解しておく必要があります。

■ウォールとニュースフィードとは

Facebookで1番メインとなる機能は「ウォール」と「ニュースフィード」です。 「ウォール」とは“自分専用の掲示板”です。 トップページのプロフィールをクリックして表示されるのが、自分のウォールです。

今までの自分の投稿が、最新のものから順に表示されています。 それに対し、「ニュースフィード」は“みんなの掲示板”です。

こちらは、Facebookマークをクリックすると見ることができます。 自分のウォールや友達のウォールの情報が、まとめて表示されています。 twitterのタイムラインのようなものですね。

■ニュースフィードの「ハイライト」と「新着情報」

Facebookを開いて1番最初に表示されるのがニュースフィードです。 皆さんが1番目にするページだと思います。 ニュースフィードは、自分や友達の投稿がまとめて表示される“みんなの掲示板”でしたね。

このニュースフィード、表示の切り替えができるのをご存知でしょうか。 下の画像の赤枠内に「ハイライト」「新着情報」があり、クリックで表示の切り替えが出来ます。

どちらも、友達の投稿がズラズラーっと表示されるのですが、この2つの違いは、表示される投稿の順番にあります。 「ハイライト」では“自分と仲の良い友だちの投稿”が優先的に表示されます。 “仲の良い友だち”の決め方は、エッジランクというFacebook独自のアルゴリズムが使われています。

それに対し、「新着情報」では、自分や友達の投稿が最新のものから順に、時系列で表示されます。

要するに「ハイライト」自分によって価値のある(可能性の高い)投稿が表示され、「新着情報」最新の投稿から順に表示されるということになりますね。

ここで重要なのは、ニュースフィードを開いた時に、デフォルトで表示されるのは「新着情報」ではなく「ハイライト」である、ということです。 つまり、あなたがFacebookページを作り、頑張って投稿をしても、「ハイライト」に表示されるような“価値のある情報”でないと、意味が無いということになります。

ウォールとニュースフィードについての基本は確認できたでしょうか? 次回は、Facebookページの作り方をご紹介する予定です。




業界初のリスティング広告運用総合支援ツール Lisket(リスケット)

リスティング広告の下請け業務請け負います

リスティング広告お客様実績資料集のご請求

サービス概要ご紹介資料

お問い合わせ