リスティング広告代行の専門会社|Yahoo!プロモーション広告・Google AdWords完全対応|東京・大阪・名古屋

グーグルアナリティクス 新バージョンの変更点 《Google Analytics》


4月18日のアナリティクス公式ブログに、新バージョンでできるようになったことや旧バージョンからの変更点がまとめられていました。
今回はその中で、使えると便利な機能と注意しておきたい変更点をご紹介します。

 

レポートのPDF 出力とメール配信が可能に

新バージョンに移行し、使用できなかったレポートのPDF出力とメール配信が再開されました。

レポートのPDF出力方法

出力したいレポートを表示し、エクスポートから『PDF』を選択するだけ。

そのままメールで送信できるので便利ですね。インターフェイスも画面をキャプチャするよりはレポートらしくなり、プリントアウトしやすいサイズになります。

 

レポートメール配信の設定方法

1メール配信したいレポートを選択し、『メール』をクリック

2. 必要項目を入力&選択して完了

頻度や期限もあらかじめ設定できるので、レポートの確認ミスなどもなくなります。

 

『参照元』などが表記変更になりました

新バージョンは『より分かりやすく』ということで、よく出てくる用語の一部に変更がありました。データを見ていて混乱してしまう可能性があるので、しっかり確認しておきましょう。

メニューの変更

  •  参照元 → 参照サイト
  • アカウント管理 → アナリティクス設定

 

グラフやテーブル レポート上の表記変更

  • リピート頻度 → リピートの間隔
  • 訪問数 → リピートの回数
  • 訪問時間 → 訪問時の滞在時間
  • ページ閲覧深度 → 訪問時のページ数
  • 実績テーブル(表) → エクスプローラ
  • 実績テーブル(地図) → 地図表示
  • 実績テーブル(棒グラフ) → パフォーマンス
  • 行を表示 → グラフに表示

 

カスタムセグメントなど指標の条件指定用語の変更

  • 上回る → 超える
  • 以上 → 超える
  • 下回る → 未満

 

変更点を知って使いこなそう

グーグルアナリティクスは新サービスが追加されたり仕様の変更がよくあります。公式ブログを確認するなどして、効率良くデータの収集を行いましょう。
設定方法などは以前の用語を使用して書かれた記事がネット上に多くあるので、以前の用語も確認しておくことをおすすめします。



業界初のリスティング広告運用総合支援ツール Lisket(リスケット)

Facebookもチェック