リスティング広告代行の専門会社|Yahoo!プロモーション広告・Google AdWords完全対応|東京・大阪・名古屋

iPhoneの標準カレンダーアプリとGoogleカレンダーを完全に同期する


iPhoneでGoogleカレンダーを同期して利用している人は多いと思いますが、例えば会社などで他の人とGoogleカレンダーを共有している(Googleカレンダー上に他人の予定も表示されるようにしている)人は、その共有カレンダーもiPhoneに表示されていますか?おそらく、ほとんどの人が自分のカレンダーしか表示されていない状態ではないでしょうか。

実は、ちょっと変わった方法を使うとGoogleカレンダー上で共有している全てのカレンダーをiPhoneに同期させることが可能です。今日はその方法を説明しましょう。

Gmailアカウントとしてではなく…

通常、iPhoneにGoogleカレンダーを同期させる際には、「設定」→「メール/連絡先/カレンダー」→「アカウントを追加…」から「Gmail」を選んでアカウントの追加を行います。ですが、この方法で設定すると、先ほど説明したように自分のカレンダーしか同期できません。

共有している全てのカレンダーを同期させるには、iPhoneに標準で入っている同期機能ではなく、Googleが提供しているGoogle Syncというサービスを使ってiPhoneと同期させるようにします。あまり難しいことは考えずに、実際の設定方法を見てみましょう。

まず、「設定」→「メール/連絡先/カレンダー」→「アカウントを追加…」で、「Gmail」ではなく「Microsoft Exchange」を選択します。すると以下のような画面が現れますので、

  • メール … Gmailのメールアドレス
  • ドメイン … 空欄のまま
  • ユーザー名 … Gmailのメールアドレスの、@より前
  • パスワード … Gmailのパスワード
  • 説明 … 空欄のまま(必要なら自由に説明を記載)

上記のように入力し、右上の「次へ」をタップします。

すると、「確認中」となって少し待たされたあと、「サーバ」という欄が新たに現れます。ここに、

m.google.com

と入力し、右上の「次へ」をタップします。するとまた「確認中」となり、その後、以下のような画面が現れます。

同期する対象のサービスを選択する画面ですが、今回はひとまずGoogleカレンダーがオンになっていれば他は必要に応じてオンにしてもオフにしても構いません。同期する対象を選択したら、右上の「保存」をタップしてアカウントの追加は終了です。

Google Sync側で全てのカレンダーを同期対象に設定

まだこの状態では、普通にGmailアカウントとして追加した場合と同じで、自分のカレンダーだけしか同期対象となっていない状態です。最後の仕上げに、Google Syncの設定画面で全てのカレンダーを同期対象にしましょう。

iPhoneでSafariを開いて、以下のURLを打ち込みます。

https://m.google.com/sync/settings/iconfig/

すると、Googleのログイン画面になりますので、Gmailアカウントの情報を入力してログインしてください。Google Syncの管理画面が開きます。先ほどiPhone側でアカウントの追加をしたことで、この管理画面の一覧の中に「iPhone」が追加されているはずなので、それを選択してください。

私の環境ではiPhoneが2台とiPadが登録されていますが、初めての人はiPhoneひとつだけが表示されているはずです。

もしiPhoneが2つ以上表示されている場合、灰色の字で書かれているLast sync~という箇所の日付が最も新しいものを選択してください。

iPhoneを選択すると、設定画面が開きます。

最上部の2つ

Enable "Send Mail As" for this device.
Enable "Delete Email As Trash" for this device.

はチェック無しになっていると思いますので、そのままでOKです。

その下に My Clendars という項目があり、ここに自分のカレンダーが表示されています。デフォルトの状態だと、ここにあるカレンダーだけにチェックが入っているかと思います。

さらに下に行くと、Shared Calendars という項目があります。ここに、Gmail上で共有しているカレンダーが表示されていますので、全てにチェックを入れてください。ここでチェックしても、iPhoneのカレンダーアプリに表示させるかどうかはアプリ側で別途設定できますので、とりあえず全部チェックしておくのが無難です。

チェックを入れたら右下の Save をタップしてください。

Device setting saved successfully!

と表示されたら設定完了です。

アプリ側で表示するカレンダーを選択

最後に、iPhoneのカレンダーアプリを開いて同期の状態を確認してみましょう。カレンダーアプリを開いて、左上の「カレンダー」をタップしてください。カレンダーの一覧画面になりますが、先ほどGoogle Syncで同期対象にした共有カレンダーが全て表示されていると思います。

ここでも、それぞれのカレンダーに対して表示させる/させないの設定が出来ますので、表示させたくないものがあればチェックを外してください。

これで、iPhoneの標準カレンダーアプリを、パソコンで使用しているGoogleカレンダーと同じ状態に出来ます。Googleカレンダーで他の人とカレンダーを共有している人は、iPhoneでのスケジュール管理がもっと楽になると思いますので、ぜひお試しください。




業界初のリスティング広告運用総合支援ツール Lisket(リスケット)

リスティング広告の下請け業務請け負います

リスティング広告お客様実績資料集のご請求

サービス概要ご紹介資料

お問い合わせ