リスティング広告代行の専門会社|Yahoo!プロモーション広告・Google AdWords完全対応|東京・大阪・名古屋

Facebookページのタイムライン化に併せてやっておきたいこと


すでに各所で話題になっているとおり、いよいよ3/30(金)からすべてのFacebookページが強制的にタイムライン表示に切り替わります

そこで、タイムライン表示に切り替わることによって困りそうな事柄について簡単に対策を示したいと思います。

ちなみに、タイムライン表示というのはこのような表示形式のことです。(←カルテットのFacebookページへリンクします)

カバー画像にリンクは張れないので…

タイムライン表示になると、Facebookページを訪れた人にとって最も目立つ箇所は間違いなくカバー画像(トップ画像)になります。ですが、カバー画像にはリンクを張ることが出来ません。(Facebook上での画像閲覧のリンクが張られているため)

カルテットのFacebookページでは、カバー画像に商品の説明やアピールポイントを簡単に記載しています。しかし、せっかく画像に注目していただいても、リンクが張れなければその先(例えば自社のWebサイトなど)へ誘導することが困難です。

そこで、発想を変えて、画像の説明テキストの中に誘導したいURLへのリンクを記載してみましょう

どういうことかと言うと…

カバー画像をクリックするとこのような画面が表示されるようにするわけです。

これなら、来訪者が直感でカバー画像をクリックした場合に、誘導したいリンク先を伝えることが出来ますね。

アプリ(中ページ)がたくさんある場合

また、Facebookページ内に複数のページがある場合、トップページに表示されるのは上位3つだけになります。例えば、全部で4つの中ページがある場合、

このようにトップには3つだけが表示されていて、赤枠で囲ったところをクリックすると、

このように全てのページが展開されます。

上記の例だと、「いいね」数のページが4番目に追いやられていてトップページの最初の表示には現れません。このように、中ページがたくさんあるFacebookページでは、見てほしいページが隠れてしまうという状況が考えられます。

アプリ(中ページ)の順番を変更する

そこで、中ページの表示順序を変更して、本当に見てもらいたいページを上位3つに持ってくる必要があります。

先ほどお見せしたように全てのページを展開した状態で、順番を入れ替えたいページアイコンの右上の鉛筆マークをクリックすると、

このように「位置を入れ替える」という小窓が現れます。ここで、入れ替えたい先のページ名(この例では「ノート」)を選択すると、

このように「いいね」と「ノート」の位置が入れ替わります。同じ要領でページ位置の入れ替えを繰り返せば、思い通りの順番に並べ換えることが出来ます。

これで、「いいね」数のページがトップに表示されるようになりました。

 まとめ

以上、すぐに出来る対策を簡単にご紹介しましたが、今回のFacebookページのタイムライン化による最大の影響は、何と言ってもウェルカムページの廃止です。

ウェルカムページとは、Facebookページに訪れた人に最初に見せるページのことで、これまでは「いいね」している人と「いいね」していない人で見せるページの内容を変えることが出来ました。これを利用して、何らかの無料プレゼントを提示することで「いいね」を押してもらうという手法が台頭していたわけですが、今回のタイムライン化によってこの手法が使えなくなります

たくさんの人に「いいね」してもらうことももちろん重要ですが、最近のFacebookページは、最初に「いいね」を押してもらうものの、その後はほとんど見に来てもらえない、というようなページばかりな気がします。今回のタイムライン化を機に、Facebook本来のコミュニケーションツールとしての側面を活かし、「いいね」してくれているユーザに向けた継続的な情報発信に主眼を置いた運用にシフトしていくことが大切かもしれませんね。



業界初のリスティング広告運用総合支援ツール Lisket(リスケット)

Facebookもチェック