リスティング広告代行の専門会社|Yahoo!プロモーション広告・Google AdWords完全対応|東京・大阪・名古屋

2011/06/08

ショッピングサイトのSEO対策


本日は「ショッピングサイトのSEO対策」について考えてみます。 ※厳密には、ドメイン配下に大量のページが存在している状況を想定

例えば商品が5000点以上あるような総合ショッピングサイトがあるとします。 もちろん一般的なSEO対策は行っていてTOPページはさらに有料のディレクトリ登録サービス(例:Yahooカテゴリ)に登録しています。

では次にどんな対策を取りますか?

そう、最も売上に直結するのは 「5000以上の商品ページそれぞれが検索結果上位に来る」 状況を作り出すことです。

しかし、個別の5000ページについては、ソーシャルメディアを活用してナチュラルリンクを得られるようにはできますが、積極的に1ページずつ被リンク対策を行うことは不可能だと思います。(ビジネス商品は特にオーガニックなリンクが張られにくい)

そこで私が提案するのが、サイト内部にリンクベイティング用のブログを設置することです。

※リンクぺいティングとは? 被リンクを増やすためのテクニックのひとつです。 baiting は直訳すると、「餌撒き」という意味で、リンクベイティングでの「餌」は他サイトからリンクを獲得をするために、用いる情報やコンテンツのことを指します。 具体例) 1.人々に役立つ情報を提供し、ユーザーのリンクを得る方法 2.新しいニュースを掲載し、ユーザーの興味を引き、リンクを得る方法 3.おもしろい話やジョーク、画像や動画などで、ユーザーの興味を引き、 リンクを得る方法 4.反論や攻撃的な意見を掲載し、ユーザーの反響をあおり、リンクを得る方法 5.人々に役立つツールを提供し、ユーザーのリンクを得る方法

各商品ページにオーガニックリンクを獲得するのが難しい場合は、 リンクを集めやすいコンテンツを作成し、そこでリンクを集める方法は、かなり使える方法です。

結果的にサイト全体の評価が高くなり各商品ページも検索上位に出やすくなるのです。

今回の話はちょっとテクニカルで難しい話でしたが、トドのつまりは サイト内部に被リンクを集めやすいコンテンツを扱ったブログを設置しがんばって更新しましょう! ということでした。

設置するのはブログなので、HTMLの知識がい無い方でも簡単にページを作成し情報を発信できます。 ただし、独自ドメイン配下にオリジナルブログを設置することが必要なためアメブロやFC2ブログをやるわけでわないので注意が必要です。

カルテットではブログの構築も承っております。 まずはプロに相談してみてはいかがでしょうか?



業界初のリスティング広告運用総合支援ツール Lisket(リスケット)

Facebookもチェック