リスティング広告代行の専門会社|Yahoo!プロモーション広告・Google AdWords完全対応|東京・大阪・名古屋

恐ろしいほどのデータがあるデータカタログサイト(DATA GO.JP)を発見


先日からいくつかデータをいろいろ見れるサイトのご紹介をしてきました。データが大事だという流れの時代の中で、特にリスティング広告もデータとは切っても切れない関係にありますよね。

過去ご紹介したデータサイト記事

ですが今回、行政が運営しているデータカタログサイト(DATA GO.JP)というサイトを発見しまして、中を見ると恐ろしいほどのデータが閲覧できるサイトでしたのでご紹介です。

データカタログサイト(DATA GO.JP)とは

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2017-01-18-11-39-37

データカタログサイトは、内閣官房情報通信技術(IT)総合戦略室による企画・立案の下、総務省行政管理局が運用するオープンデータに係る情報ポータルサイトです。

とのことで、各行政が持っているデータを大量に公開してくれているサイトになります。

もちろん無料

しかも

営利目的も含めた二次利用が可能です!

どんなサイトなの?

大きく分けて

  • データ提供
  • その他の行政運営のデータベースサイトの紹介

の2点になります。

データの数に関しては下記のグラフの通り2017年1月には17000件程度の件数になってきています。%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2017-01-18-11-37-29

なので、相当膨大ですね。。。

どんなデータがあるの?どうやって探せばいい?

膨大なデータがあるので僕も最初探し方に戸惑いました。

データの探し方としては、下記画像のようにグローバルナビゲーション(上部メニュー)の データ > グループ と進んでいただくのが比較的良いかと思います。(とは言え探しやすくはないです笑)

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2017-01-18-11-41-35

そうすると、下記のようなページに行くことができ、ジャンルから自分の欲しいデータや興味のあるデータを探すことが可能です。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2017-01-18-11-44-57

この先ジャンルを選ぶとデータの検索結果画面に行くのですが、ここからはキーワード検索以外は自力で探していく他ありません。例えば、ここで『労働・賃金』を選ぶと・・・

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2017-01-18-11-48-15

こんな感じで577件も出てきてしまいますね。大量にデータがあることは本当に良いことですが、これだけあるならもう少し探しやすくなると良いですね。

他にも各省庁ごとやタグなどから探すこともできます。データ自体はpdfだったりエクセルだったり色々な形式があります。

その他の行政運営のデータベースサイトの紹介

こちらは他のサイトの紹介になるのですが、APIを提供しているサイトもあって、それを利用して作られているサービスも紹介されています。

グローバルナビゲーションから オープンデータの取組 > 公共データ活用事例一覧 と進んでいただくとここで紹介されているサイトのデータをAPIなどで提供を受けて運営しているサイトやサービスを見ることができます。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2017-01-18-11-57-38

もしかするとこの辺りを見ていると新しいビジネスチャンスに気付けたりするかもしれませんね。

ちょっと見つけたこと&まとめ

グローバルナビゲーションの一番右の統計情報を押すとこのサイトのデータが少し見れるのですが、そこにサイト訪問者情報というデータがありまして、過去六ヶ月訪問者数遷移とドメイン別訪問者統計(当月)が公開されています。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2017-01-18-12-03-56

ここで言うビジットという単位がユニークユーザーかセッションのどちらを指すのかは分かりませんが、個人的な予想だとセッションかと思うので結構アクセス数が少ない印象ですね。。。

この膨大なデータを作り続けながら運営していくのに膨大な人が動いているはずなのに、もっと活用されていくといいですよね。

もし活用できる方がいれば是非是非活用してみてください!

データカタログサイト(DATA GO.JP):http://www.data.go.jp




業界初のリスティング広告運用総合支援ツール Lisket(リスケット)

リスティング広告の下請け業務請け負います

リスティング広告お客様実績資料集のご請求

サービス概要ご紹介資料

お問い合わせ