リスティング広告代行の専門会社|Yahoo!プロモーション広告・Google AdWords完全対応|東京・大阪・名古屋

日本語JPドメインを使って自社サイトをアピールしよう


日本語JPドメインとは?

ドメインといえば“yahoo.co.jp“や“quartet-communications.com”などアルファベットや数字のものが主流ですが、日本語のドメインを使用することが出来るのをご存知でしょうか? 日本語JPドメインを使用しているサイトには、

などがあり、弊社でもリスティング.bizという日本語JPドメインを取得しています。

日本語JPドメインのしくみ

日本語JPドメインを使ったインターネットへのアクセスはPunycode(ピュニコード)を使って行われます。 先ほど紹介した「リスティング.biz」をピュニコードに変換すると「xn--dck0aza6c8j5b.biz」となり、インターネット上ではこのコードを使って情報のやりとりが行われます。

※Punycode(ピュニコード)への変換はこちらを参照して下さい。

日本語JPドメインのいいところ① 目立つ

いつもの見慣れた英数字のドメインと違って、ドメインが日本語だと「おや?」と気になりますよね。さらに、社名や商品名を使ったドメインにすることで、視覚的なアピールをする事ができます。

東京理科大学.jp

明治製菓.jp

日本語JPドメインのいいところ② 覚えやすい

自社のホームページを宣伝したい場合、または自分のブログを友人に教えたい場合にはURLを使って伝えることが多いと思います。しかし、口頭で伝えたい場合や後で思い出す時にURLを覚えていることはなかなかないですよね。そんな時に、日本語JPドメインなら、「◯◯◯(会社の名前).jpだ!」と記憶に残りやすく、わかりやすいです。

まとめ

日本語JPドメインは、古いブラウザに対応していなかったりメールで使用できなかったり、とデメリットもありますが、元々持っているドメインと併用して、宣伝用に取得してみるのもいいかもしれません。




業界初のリスティング広告運用総合支援ツール Lisket(リスケット)

リスティング広告の下請け業務請け負います

リスティング広告お客様実績資料集のご請求

サービス概要ご紹介資料

お問い合わせ