リスティング広告代行の専門会社|Yahoo!プロモーション広告・Google AdWords完全対応|東京・大阪・名古屋

Facebook広告の配信対象者の絞り込みがすごい!?


Facebookを利用していて、たまに目に入ってくるFacebook広告ですが、自分の趣味や経歴にピッタリと当てはまる広告が表示されてドキっとしたことがある人も多いのではないでしょうか?

今回は、そのFacebook広告の、配信対象の絞り込みにについてご紹介します。

■Facebook広告ってどうやって出すの?

Facebook広告の作成方法ですが、まずは、画面右端にある「広告を作成」をクリックします。

 

すると「Destination」という項目に、自分が管理者になっているFacebookページや、作成したアプリなどが表示されます。ここでは、カルテットコミュニケーションズのFacebookページを選択。

タイプは「Facebook広告」、記事のタイプは「Facebookページ向けFacebook広告」を選択することで、広告文などを自由にカスタマイズ出来きます。

 

■絞り込み機能を使う

次に、ターゲット設定の画面になります。ここで、「地域」「ユーザー層」「趣味・関心」「Facebook上のつながり」を設定すると、画面右に予想配信数が表示されます。特に注目したいのが「趣味・関心」の項目です。

「好きな活動」の中には「料理」「ダンス」「イベントプランニング」「ゲーム」「写真」のカテゴリーがあり、

 

「家族構成」の中には「家族から離れている」「ベビーブーム時代」「新婚1年未満」「子供あり(子供が0歳から3歳)」などかなり具体的に細かくわかれています。

 

例として、「愛知県に住んでいる18歳~30歳の女性で、好きな活動が料理、家族から離れて暮らしていて、新婚1年目の人」を条件として絞り込んだ結果、予想配信数は8,180人。広告費は1クリックあたり最大で1クリックあたり¥77となりました。

 

そして、完成した広告がこちら。

このようにターゲットを細かく絞って広告を出すことができるFacebook広告。自社の広告を出す際の選択肢の1つに入れてみるといいかもしれませんね♪



業界初のリスティング広告運用総合支援ツール Lisket(リスケット)

Facebookもチェック