リスティング広告代行の専門会社|Yahoo!プロモーション広告・Google AdWords完全対応|東京・大阪・名古屋

画面のキャプチャツール「skitch」が便利



マニュアルなどを作る時に、画面のキャプチャをよく使いますね。
キャプチャに矢印や注釈などを簡単に付けられるツール「skitch」がとても便利だったので紹介します。

インストール

1
http://evernote.com/intl/jp/skitch/
Skitchはevernoteの会社が提供している無料ツールです。
ダウンロードしてインストールします。

使い方

Skitchを起動したら画面中央の「画面キャプチャ」をクリックします。
マウスポインタが十字キーに変わるので、デスクトップやブラウザなど好きな位置でドラッグするとキャプチャが取れます。
2

まず矢印をつけてみましょう。
画面左側の矢印ボタンを選択して、キャプチャの上で線を引くようにドラッグします。
3

テキストも同じように好きな場所に入れられます。
4

枠も簡単、ボタンを選択&ドラッグです。
5

トリミングやモザイク処理もできます。
6

一度配置した矢印や枠などは、クリックすると選択することができます。
もう少し右にずらしたい、なんて時にとても重宝しますね。
7

後から色を変えることもできます。
矢印をクリックして選択し、ツール一番下のボタンで色を選びます。
8

画面下の「ドラッグ」という部分をデスクトップに引っ張っていくと、画像が保存できます。なんて簡単。
(Macで使用した時にはドラッグボタンはなく、右上の「共有」メニューからiPhotoに保存することができました。)
9

保存した画像はメニューの「開く」で再度編集することができます。
※レイヤーの概念はないので、矢印や枠を再編集することはできないようです。
10

まとめ

一般的な画像加工ソフトに比べて機能は格段に少ないですが、機能が少ないからこそ操作がとてもシンプルで必要なものだけ揃っている感じです。
軽量かつシンプルで、とてもおすすめなツールです。



業界初のリスティング広告運用総合支援ツール Lisket(リスケット)

Facebookもチェック