リスティング広告代行の専門会社|Yahoo!プロモーション広告・Google AdWords完全対応|東京・大阪・名古屋

アナリティクスのセグメントを利用して時間別レポートを見る《Google Analytics》


001

先日お客様から「TVCMを流したからサイトのアクセスがどのくらい伸びたかが知りたい」とご相談を受けました。そこで、さっそくアナリティクスを確認してみたところ、やはりTVCMが流れた日のアクセスが大幅に伸びています。

やっぱりテレビ効果はすごいですね、とお話していると「これってCMを見てすぐ調べてるのかな?」というご質問があったので、ユーザーサマリーを時間別レポートにして表示してみました。すると、確かにTVCM後にアクセスが増えているものの、その後もアクセスが増えたとみられる山がちらほら。

ユーザー サマリー   Google Analytics

せっかくなのでもう少し分析したいな、と思ったのですが、実はこの時間別での表示、対応しているレポートとそうでないレポートがあるんです。

時間別レポートを確認できるのはサマリーのみ

2014年6月2日現在で時間別レポートが確認できるのは下記のレポートです。

  • ユーザーサマリー
  • 行動サマリー
  • 目標サマリー

正直上記レポートを見てみるだけでも得られる情報は多いのですが、これだと新規ユーザーとリピーターの訪問を時間別に確認したり、オーガニック経由のユーザーと有料検索ユーザーを比較したりができませんよね。

そこで活躍するのが、前回もご紹介した『セグメント』機能です。

セグメントを使えば時間別で確認・比較できる

カスタムセグメントはかなり細かく設定できるので、見たいレポートが時間別に対応していない場合は、カスタムセグメントを作成し、セグメントを選択した状態でユーザーサマリーなどを確認することで、結果時間別のデータを見ることが可能です。

例えば、通常『新規とリピーター』レポートに『時間』はありませんが…

新規とリピーター   Google Analytics

新規ユーザーとリピーターのセグメントを選んでサマリーを表示すると

新規リピーター時間

時間別表示をすることができました!

ちなみにセグメント一覧が見やすくなっていました

いままで横に並んで探しにくかったセグメント一覧が、アルファベット、50音順に一列に並んでとても見やすくなりました。番号を振るなどして管理することができますね。

セグメント一覧

まとめ

アナリティクスはカスタムセグメントを使うと、力技で色々なデータを確認することができます。
まずは何を調べたいのか、そのためにはどのレポートをどんな指標で分割すれば良いのかを考えて、どんどん活用してみてください。



業界初のリスティング広告運用総合支援ツール Lisket(リスケット)

無料メルマガ

登録はたったの5秒!一週間分のコラムを毎週月曜にメールでお届けします。

Facebookもチェック