リスティング広告代行の専門会社|Yahoo!プロモーション広告・Google AdWords完全対応|東京・大阪・名古屋

CSS Nite in Nagoyaに参加しました


 

1月21日(土)に開催されたCSS Nite in Nagoya Vol.07に参加してきました。

CSS niteとは全国23都市で開催されている、WEB制作に関わる人のためのセミナーイベントです。

セミナーで取り扱う内容は、コーディング、WEBディレクション、デザイン、スマートフォン対応、など様々です。

そして今回のテーマは「著作権」ということで、行政書士の先生2名がゲストとして登壇し、WEBやDTPに関する著作権や肖像権についての話をしてくれました。

その中で1つ気になった話題をご紹介。

退職した社員の顔写真が載ったパンフレットをそのまま使用してもいいの?

会社案内のパンフレットに、社員の顔写真を載せることがあると思います。

その社員が退職した後に「パンフレットに載っている自分の顔写真とインタビューを削除して欲しい!」と要求して来た場合、会社側はそれに応じる必要があるのでしょうか?

答えは、YESです。会社側はどんなに損害が大きくても写真とを削除しなければなりません。

このような事態を防ぐためにも、パンフレットを作成する時点で「自分が退職した場合、退職後もこの写真とインタビューを使っても構いません。」といった内容の書面にサインをしてもらうことが必要です。

知らないと怖い!?

著作権や肖像権、その他の法律について、全て把握することは不可能です。しかし、上の例の様な話を1度聞いておくだけで、自分がホームページや印刷物を作る時に「あれ?大丈夫かな?」と確認するきっかけになります。

「知らなかった!」と後から問題になる前に、こういった情報を少しずつ身につけていけるといいですね♬



無料メルマガ

登録はたったの5秒!一週間分のコラムを毎週月曜にメールでお届けします。


業界初のリスティング広告運用総合支援ツール Lisket(リスケット)

リスティング広告の下請け業務請け負います

リスティング広告お客様実績資料集のご請求

サービス概要ご紹介資料

お問い合わせ