リスティング広告代行の専門会社|Yahoo!プロモーション広告・Google AdWords完全対応|東京・大阪・名古屋

ユニバーサルアナリティクスの正式リリースでおさえておきたいポイント《Google Analytics》


こんにちは。先日グーグルアナリティクスの公式ブログで、ユニバーサルアナリティクスが正式リリースされたと発表がありました。
もう切り替え済みだよ、という方や、どうしていいかよくわからないからそのまま、という方もいらっしゃるのではないでしょうか。

記事でもよく取り上げてきたユニバーサルアナリティクスについて、今日は切り替えのポイントをご紹介したいと思います。

切り替えには3段階

アナリティクスの切り替えには、大きく3段階あります。

  • 1.アナリティクス側が標準(旧)からユニバーサル(新)へアップグレードされる
  • 2.管理画面の仕様をユニバーサル(新)へ移行する
  • 3.ユニバーサル(新)のタグへ貼り替える

イメージとしては、まずGoogle側でユニバーサル対応にしてもらい(1)、管理画面の移行を行い(2)、最後にタグの変更(3)といった流れになります。

1.アナリティクス側でアップグレードされているか確認

そもそも(1)が完了されているかどうかは、『アナリティクス設定』で確認しましょう。

Google Analytics

上記のようにアップグレードと表示されている場合は、既に(1)は完了しているので、管理画面を切り替え、タグを設置すれば切り替えできます。
残念ながら、まだこの表示がないプロパティは、とりあえず待つしかないようです。

2.管理画面をユニバーサルアナリティクスへ移行

この後は管理画面の指示通りに作業すれば問題ありません。
先ほどの赤枠部分をクリックして移行を進めます。

2Google Analytics

3.タグを張り替える

移行が完了したら、最後にタグの貼り替えを行います。調べたところ、(2)の切り替えから○○時間以内に、などの制限は無いようですが、早めに作業しましょう。
ちなみにこのタグの貼り替え、一度に全ページを貼り替えなくても問題なくデータは取得できるようです。(新旧タグが混在しても大丈夫)
タグについての公式ヘルプはこちら

タグ貼り替えの注意点

これまでユニバーサルアナリティクスではリマーケティングなど一部の機能が未対応のため、標準のアナリティクス(旧)とユニバーサルアナリティクス(新)を両方設置していた方もいらしゃると思います。

その際、旧アナリティクスをアップグレードしてユニバーサルアナリティクスにしてしまうと、ページ内にユニバーサルアナリティクスが2つ設置されていることになり、正常に動作しないことがあるようなので注意しましょう。

まとめ

ユニバーサルアナリティクスになると、より詳細なUSER ID機能が順次リリースされるようです。レポートを有効化することでクロスデバイスレポートが利用可能になり、アナリティクスで確認できることがぐっと増えそうですね。



業界初のリスティング広告運用総合支援ツール Lisket(リスケット)

無料メルマガ

登録はたったの5秒!一週間分のコラムを毎週月曜にメールでお届けします。

Facebookもチェック