リスティング広告代行の専門会社|Yahoo!プロモーション広告・Google AdWords完全対応|東京・大阪・名古屋

Googleのガイドラインに違反する『誘導ページ』


今日はGoogleのウェブマスター向け公式ブログでこれまで何度かガイドライン違反であると言われていた『誘導ページ』について書かれていた記事を見つけたのでご紹介します。

『誘導ページ』とは

Googleの検索エンジンはユーザーの利便性を考えてアルゴリズムのアップデートを行なっていますが、最近特に嫌われているのがこの『誘導ページ』です。 この誘導ページというのは ・ユーザーを特定のサイトへ誘導するためのページ ・資料請求など、ページ自体に独自の価値がないページ などのことを指し、ページ自体に価値が無いと判断されるページのこと。

ユーザーに有益ではないとGoogleが判断すると、インデックスから削除したり検索結果に表示しないといった対策を行なっているようです。 アフィリエイトでよく使用されているような、テキストリンクだけあるようなサイトはだめだよ、ということですね。

Googleは手をかけて制作したかそうでないかを判断できる!と言っているので、作り手もしっかりコンテンツを考案することが大切ですね。

_

 




業界初のリスティング広告運用総合支援ツール Lisket(リスケット)

リスティング広告の下請け業務請け負います

リスティング広告お客様実績資料集のご請求

サービス概要ご紹介資料

お問い合わせ