リスティング広告代行の専門会社|Yahoo!プロモーション広告・Google AdWords完全対応|東京・大阪・名古屋

《GoogleAnalytics》3分あるなら、ココだけ見ておけば良いポイント


google-analytics1 (1)

「GoogleAnalyticsでアクセス解析をしたい!でも時間がない!」

リスティング広告を運用している人で、こんな風に思う方、多いのではないでしょうか?
今日は、少し作業の手が空いた時に、とりあえずここだけ見てみたら?というポイントをご紹介します。

リスティング広告の貢献度を知りたい!

調べること

サイト全体の成果(お問い合わせ数、資料請求数など)の中で、リスティング広告が貢献した割合(%)

調べる方法

1.GoogleAnalyticsにログインし、該当アカウントを選択
2.左メニューから、[コンバージョン]>[マルチチャネル]>[サマリー] をクリック

キャプチャ3.マルチチャネルのコンバージョン概要図の、『有料検索』の%を確認

キャプチャ2

分かること

全てのアクセスの中で、有料検索(リスティング広告)を1度でも経由して、成果(お問い合わせ、資料請求数など)に繋がった割合は、42.86%だ!

【注意】

目標設定をしておく必要があります。

参考URL:https://support.google.com/analytics/answer/1012040?hl=ja

「○○○」というキーワードでサイトに来た人が、どのページをよく見ているかを知りたい!

調べる事

全てのアクセスの中から、ある特定のキーワードでサイトに来た人が、どのページをよく見ているのか

調べる方法

1.GoogleAnalyticsにログインし、該当アカウントを選択

2.左メニューから、[行動]>[サイトコンテンツ]>[すべてのページ] をクリック

キャプチャ3

3.セグメントを作り、[保存]をクリック

キャプチャ4

4.表示された結果を見る

キャプチャ5

分かること

調べたいキーワードで、どのページが多く見られているのか、滞在時間、直帰率が分かる

まとめ

いかがでしょうか?全くAnalyticsを見たことがない人でも、ひとまずこの2つをきっかけに、あちこちページを見てみるのもいいかもしれませんね。



業界初のリスティング広告運用総合支援ツール Lisket(リスケット)

無料メルマガ

登録はたったの5秒!一週間分のコラムを毎週月曜にメールでお届けします。

Facebookもチェック