リスティング広告代行の専門会社|Yahoo!プロモーション広告・Google AdWords完全対応|東京・大阪・名古屋

アナリティクスの新機能 『ビジュアルフロー』 《Google Analytics》


約一ヶ月前からアナウンスされていたAnalyticsの新機能『ビジュアルフロー』が、全ユーザーに対応しました。 これまでもユーザーのページ閲覧遷移は確認できましたが、簡単な設定で視覚的にレポートをみることが出来ます。
この機能は『ユーザーフロー』『ゴールフロー』の二種類があります。

ユーザーフロー

ユーザーがどんな検索キーワードで、どのページからサイトに入り、サイト内を遷移したかを見ることができます。どの段階で離脱してしまったのかもまとめられています。

◆ユーザー層>ユーザーフロー

_

ゴールフロー

こちらは目標機能で設定したコンバージョンに至るまでのユーザーの動きを視覚的に確認できます。目標設定をしている場合に利用できます。

◆コンバージョン>目標>ゴールフロー

_

ちなみに『参照元』を表示すると、コンバージョンがオーガニック検索なのか、リスティング広告なのかも判別できます。 Yahooリスティング広告のVersion.3に伴い、コンバージョンのつく日程が閲覧日に変更になりましたが、Analyticsを見ればリアルタイムのコンバージョンも確認できますね。

目標設定は遡れる!

このゴールフローの便利なところは、過去のデータにも反映できるところです。 前もって目標を設定していなくても、今後新しく目標を作成すれば過去のデータも反映されます。

従来のコンバージョン測定は過去のデータを反映できませんでしたが、ゴールフローではそれができてしまうんですね。 全体のコンバージョン数は分かっていてもキャンペーンページが複数ある場合は、キャンペーンページをそれぞれ目標に設定することで、これまでのデータもより詳しくユーザーのページ遷移を確認することができます。

どんどん便利な昨日が公開されているAnalytics。無料ツールなので使わない手はありません。 『導入方法が分からない』『あるけど見かたが分からない』など、お気軽にご相談ください。

_



業界初のリスティング広告運用総合支援ツール Lisket(リスケット)

Facebookもチェック