リスティング広告代行の専門会社|Yahoo!プロモーション広告・Google AdWords完全対応|東京・大阪・名古屋

アナリティクスの文字化け解決法 《Google Analytics》


Google Analyticsのレポートを見ていて、検索キーワードが文字化けしてしまっているのを見たことがありませんか?

これはGoogle側のSSL化に伴うシステム上の問題のようで、まだ改善の目処は立っていないようです。でも、どんなキーワードか気になる方も多いと思います。そこで今日は、この文字化けを直す手順をご紹介します。

手順

1.レポートをCSV形式でインポートする

2.CSVデータの文字コードを「SHIFT-JIS」に変更 (TeraPadなどのテキストエディタで変更できます)

3.データをエクセルで開き、ユーザー定義関数をVBAに記述します。 ツール>マクロ>Visual Basic Editor、を選んで、挿入>標準コントロールを選択

以下を貼り付けます。

Public Function URL_Decode(ByVal strOrg As String) As String With CreateObject(“ScriptControl”) .Language = “JScript” URL_Decode = .CodeObject.decodeURI(strOrg) End With End Function

4.ワークシートに戻り、ユーザー定義関数を挿入

 

これで完了。変換したいセルを選択すると、指定したセルに文字が表示されます。 文字化けが気になっていた方は、試してみてください。

(追記)もっと簡単な方法がありました

文字化けをもっと簡単に解決する方法がありました。 こちらで紹介されています。

GoogleAnalyticsの検索クエリの文字化けを1clickで直す方法

記載されているブックマークレットをブックマークするだけ! Google Analytics で文字化けを直したいレポート画面で、そのブックマークをクリックすれば文字化けが直っちゃいます。

_




業界初のリスティング広告運用総合支援ツール Lisket(リスケット)

リスティング広告の下請け業務請け負います

リスティング広告お客様実績資料集のご請求

サービス概要ご紹介資料

お問い合わせ