リスティング広告代行の専門会社|Yahoo!プロモーション広告・Google AdWords完全対応|東京・大阪・名古屋

最新SEOツールとその事情


SEOといえばホームページをもたれている方にとってはかなり浸透した言葉ではないでしょうか?どこで知ったかといえば知り合いの経営者、営業電話、インターネットさまざまだと思います。

さて、SEOは時代を追うごとに裏技的なやり方が横行しているのも事実。かなり前は背景色と同色の隠しテキストで関係ない人気キーワードを盛り込む、なんて方法も流行りました。少し前ですと、ページランクだのメタキーワードだのいろいろありました。

結局現在メタキーワードは意味を無くしているとgoogleが発言したり、yahooのSERPもgoogleのものになったりと日々SEOを取り巻く状況は変わってきています。そういった状況についていくためのSEOツールを何点か紹介いたします。

サイト内のSEOに必要な情報を全て解析できるツール

SEO site tools(https://chrome.google.com/webstore/detail/diahigjngdnkdgajdbpjdeomopbpkjjc)

google chromeの拡張機能としてリリースされているこのツールです。基本的に被リンクなどは海外の検索エンジン上における情報になりますが、サイトの内部情報としてHタグやnofollow属性、発リンクや被リンクについてSEOに必要な情報がかなり細かく表示されます。あとはSNS上での評価や改善点まで表示してくれます。

被リンク元の影響力を測るツール

Open Site Explorer Link Analysis(http://www.opensiteexplorer.org/)

被リンクの与える影響力を測れるツールです。どのようなキーワードでリンクを張られているか、nofollow率の可視化、競合サイトとの比較なんかも分かります。被リンクの質を細かく見たいと言う方はこれで調べられますね。

ページの表示スピードの計測ツール

このツールはgoogleのウェブマスターツールの中に新設されました。(https://www.google.com/webmasters/)左メニューの中の「Labs>サイトのパフォーマンス」で見ることができます。

ページの表示速度をgoogleが順位付けに反映させている、という話はウェブマスターツールにこういった機能が追加された以上ほぼ確実ですね。

で、結局何が言いたいかというと・・・

こういうツールを使いこなしましょうね!ではなく、もう小手先のSEOは通用しなくなっています、ということです。こんな数字を見たところで何をどうすればよいのかなんてほとんど分かりません。

googleの優秀な技術者集団をあなたが出し抜くのはもう難しい時代です。つまり、あまりこういった答えの無い理論的なSEOにこだわるのはやめて、エンドユーザーにとって価値のある情報を発信し続けましょうということです。リンクを張るにしても「ページランクがどうこうだから・・・」と考えるのではなく「ここにこのリンクを張ったらユーザーが便利だろうな!」と言った基準で張っていきましょう。いわゆるホワイトハットSEOというやつですね。

そういう基準でサイト運営をしてもらえるようにgoogleもアルゴリズムをアップデートしてきておりますので、そろそろgoogleをだますのではなくユーザーのためのサイト作りを心がけて上位表示をしていく時代に突入しそうですね。



無料メルマガ

登録はたったの5秒!一週間分のコラムを毎週月曜にメールでお届けします。


業界初のリスティング広告運用総合支援ツール Lisket(リスケット)

リスティング広告の下請け業務請け負います

リスティング広告お客様実績資料集のご請求

サービス概要ご紹介資料

お問い合わせ