リスティング広告代行の専門会社|Yahoo!プロモーション広告・Google AdWords完全対応|東京・大阪・名古屋

アシストコンバージョンを使って目標達成をユーザー別に確認してみよう《Google Analytics》


前回はアナリティクスを使用して、目標を媒体別に確認する方法をご紹介しました。
しかし、上記方法では、
サイトを複数回訪問して目標を達成した場合、記録されるのは最後の訪問についてのデータのみとなってしまいます。

例えば、リスティング広告をきっかけに商品を知り、その後通常検索で商品名を検索して購入に至ったユーザーの場合、参照元だけ見ると、『通常検索経由』となってしまうのです。

リスティング広告の貢献度をどの部分で判断するのかは企業によって基準が異なりますが、『きっかけ作り』にリスティング広告が貢献している場合、前述した理由から、参照元だけでは判断できません。

そこで今回は、目標達成に対する媒体ごとの貢献度を、ユーザーごとにセグメントして確認できる、マルチチャネルの『アシストコンバージョン』をご紹介します。

アシストコンバージョンとは

アナリティクス上でのアシストコンバージョンを簡単に言うと、
『目標達成したユーザーの直近以外の訪問』
を指します。
例えば下の図のように、目標達成までに4回サイトを訪問したユーザーの場合、
 ・リスティング広告
 ・ノーリファラー(ブックマークなど)
 ・Google自然検索
の3訪問はアシストコンバージョンとしてカウントされています。

001

アシストコンバージョンを見てみよう

アナリティクスで目標設定をしている場合は、下記手順で簡単に確認できます。
アシストコンバージョンは、アナリティクスにあらかじめ登録されているチャネルグループや参照元別などで表示することが可能です。

レポート>コンバージョン>マルチチャネル>アシストコンバージョン

アシストコンバージョン_カルテットコミュニケーションズ

『参照元/メディア』別に確認してみよう

アシストコンバージョンは、『参照元/メディア』別に確認すると、媒体ごとの貢献度がよく分かります。

例えば通信販売で商品の購入が目標の場合、実際に購入をした訪問の参照元にYahoo!リスティング広告経由がほとんどカウントできていなくても、アシストコンバージョンで上位にいるのであれば、『リスティング広告経由で商材やサービスを認知し、購入に至った』という可能性が見えてくるのです。

まとめ

エンハンストキャンペーンやユニファイドキャンペーンなど、最近はリスティング広告でも訪問ごとではなくユーザー単位で考える動きが大きくなっています。

目標設定ができていればすぐに確認できるので、媒体ごとの効果を検証する場合には、ぜひアシストコンバージョンも含めて効果測定を行なってみましょう。



業界初のリスティング広告運用総合支援ツール Lisket(リスケット)

無料メルマガ

登録はたったの5秒!一週間分のコラムを毎週月曜にメールでお届けします。

Facebookもチェック