リスティング広告代行の専門会社|Yahoo!プロモーション広告・Google AdWords完全対応|東京・大阪・名古屋

ペルソナが大事な本当の理由


サイトを構築するときや改善するときにみなさまはどんなことを基準に考えていきますか?このような時によく出てくるのがペルソナの利用です。

ご存知かとは思いますがペルソナは架空の顧客像のこと。詳細にターゲットの年齢、性別、趣向などを定めることで具体的な対策を打ちやすくなります。

こう言ったことはよく知られているのですが、実際にちゃんと実行されているケースは少ないようです。

サイトを作る際にペルソナを持ち出す方は多いとは思いますが、あくまで自分の欲しいサイトを作る過程の中でエッセンス程度に加えるケースが多く思います。結局、ペルソナは構築の最初には話していたが、最後は社長の好みで決まる、というのはよくある話です。

サイトを利用するのはユーザーですからペルソナは大事、ということなのですがそれ以上にペルソナを利用した方が良い理由があります。

それは仮説の検証をする癖がつくからです。

大企業ほどそういったことをしっかりやりますが、中小企業の多くのサイトは仮説検証が甘いことが良くあります。

中小企業は広告費がかなり限られているので大企業よりも無駄なコストをなくしていかなければいけません。

そういう状況下では細かくPDCAを回すしか勝ち目はないです。PDCAを回すためには指標が必要で、指標を決めるためにペルソナを決めるのです。

指標が決まると、なぜダメなのか、次はこうしよう、と考えやすくなりPDCAを回しやすくなります。

特にリスティング広告の運用には効果的です。運用にこそペルソナを考えて仮説検証をしてみてください。



業界初のリスティング広告運用総合支援ツール Lisket(リスケット)

Facebookもチェック