リスティング広告 運用代行サービス|株式会社カルテットコミュニケーションズ|Yahoo広告/Google広告正規代理店

米Yahoo!の“Yahoo! Site Explorer”サービスが終了に。

ホームページを運用・管理していると、同業他社のホームページって気になりますよね。
デザインやコンテンツをチェックすることは簡単ですが、 SEO対策を気にされている担当者の方は、インデクス数や被リンク数も気になるのではないでしょうか?

この被リンクを調べるのに便利なのが、各検索エンジンの提供しているウェブマスター ツール。 自社サイトがどこからリンクを貼られているのかなどが調べられる、無料のサービスです。

Yahoo! Site Explorerはサービス終了へ

中でも便利だったのが、米Yahoo!が提供していた“Yahoo! Site Explorer” 一般的なウェブマスターツールは、自社のサイトの状況しか見ることができませんでしたが、 Yahoo! Site Explorerでは、サイトのURLを入力するだけで、他社のホームページの被リンク数なども調べることができ、 競合分析に便利なツールでした。

しかし、米Microsoftと検索事業で提携することにより、検索システムがBingへ移行するため、 このサービスが年内を目処に終了することが、公式ブログで発表されています。 競合サイトのバックリンクを調べるのは難しくなってしまいますね。

ちなみに“Yahoo! Site Explorer”のサービス終了後は“Bing Webmaster tools”にサービスが統合されます。

では、自分で管理していないサイトの被リンクを見る方法は無いのでしょうか? 調べてみると、SEOmozのOpen Site ExplorerやMajesitic SEOのMajestic Site Explorerなど、 被リンクを調べるオンラインツールはあるようですが、詳しく見るには有料登録が必要みたいです(しかも英語…)

_

他サイトの被リンクは調べづらくなりますが、 『まずは自社サイトを詳しく分析したい』『サイト管理者になるには?』など、 自社サイトの売上アップ、管理方法でのお悩みは、お気軽にご相談ください。

1営業日以内に返信いたします 広告の運用代行についてのお問い合わせはこちら
シェアする

ブログ記事の中で広告運用の事例をご紹介することがありますが、実際の事例を一部加工した内容となっておりますのでご留意ください。

また、2018年7月24日よりGoogle AdWordsはGoogle広告に名称変更されました。それ以前の記事に関してはGoogle AdWordsと表記されておりますのでご了承ください。


リスティング広告の
情報をお届け

メルマガではリスティング広告に詳しくなれる記事を毎週一週間分まとめてお届けします。不定期にはなりますがリスティング広告に限らず、Web集客改善に繋がる資料もお送りしていきますので、興味のある方はぜひご登録ください。

同じカテゴリの最近の記事