リスティング広告代行の専門会社|Yahoo!プロモーション広告・Google AdWords完全対応|東京・大阪・名古屋

アナリティクスの有料検索レポート表示のしくみ《Google Analytics》


リアルタイムレポートの標準レポート化やコスト分析レポート機能の追加など、日々新たしい機能が増えていくGoogleアナリティクス。

今日はトラフィックレポート内に追加されている、『有料検索レポート』についてご紹介しようと思います。

Googleアナリティクスの定義する『有料検索』とは

今回ご紹介する有料検索レポートは、
トラフィック>参照元>検索 と移動すると確認できるレポートのこと。

しかし、アナリティクス内ではマルチチャネルなどでも『有料検索』が出てくるレポートがあります。つまり、チャネルの一つとして有料検索が定義されていることになりますね。

では、そもそもアナリティクスは、どんな条件でのアクセスを有料検索と判断しているのでしょうか。

全ては『パラメータ』で判断している

そうやって考えてみると、チャネルには『ソーシャル』や『オーガニック検索』などのチャネルが初めから定義されています。これらを何で決定しているかというと、これまでの記事でもご紹介したことのある、『パラメータ』なのです。
>>パラメータの設定方法についてはこちら

以下に、Googleのヘルプにまとめられていたチャネルの定義をまとめてみました。

アナリティクスのチャネル定義一覧

※Googleヘルプはこちら

リスティング広告を有料検索レポートに反映させるために必要なこと

上記を確認してみると、有料検索レポートに反映されるためには、メディアを『cpc』か『ppc』にする必要があります
Yahoo!プロモーション広告もきちんとパラメータを付与したリンク先を設定すれば、この有料検索レポートでGoogle AdWordsと合わせたデータを確認することができるのです。

 

まとめ

従来はカスタムセグメントを利用しなければリスティング広告経由のアクセスは細かく確認できませんでしたが、この有料検索レポートを活用すればぐっと便利になります。
また、上記定義を理解した上でパラメータと利用すると、アクセス解析でわかることが広がります。

次回は便利なパラメータ利用法をご紹介しようと思います。



業界初のリスティング広告運用総合支援ツール Lisket(リスケット)

無料メルマガ

登録はたったの5秒!一週間分のコラムを毎週月曜にメールでお届けします。

Facebookもチェック