リスティング広告代行の専門会社|Yahoo!プロモーション広告・Google AdWords完全対応|東京・大阪・名古屋

2013/02/12

Facebook広告でコンバージョン測定が可能に!

unnamed-625x304

Facebook広告には少し前までコンバージョン測定の機能がついていたのですが、どういった理由からかしばらくの間コンバージョントラッキングができないような状態が続いておりました。

ですが、1月末頃にコンバージョントラッキングが出来るようになりましたので、それについて少し解説いたします。

具体的には何ができるの?

Facebook広告、スポンサー記事経由でのコンバージョンの測定

ができるのですが、現在はFacebook外のページのコンバージョンのみ測定可能となっています。

つまり、Facebook内アプリの誘導コンバージョンなどは測定できないようです。

(ただし、アプリ誘導後、外部サイトへ誘導すればその測定は可能だと思います。)

どんな測定が可能?

広告をクリックした後のコンバージョントラッキングはもちろん、広告の表示が表示されただけのユーザーのコンバージョントラッキングもできるようです。さらに、PCとモバイルは分けて測定が可能とのこと。

追跡日数としては、広告クリック後の1日間、7日間、28日間広告表示後の1日間、7日間、28日間だそうです。

さらに、最適化CPMと組み合わせることで、よりコンバージョンしやすいユーザーへの広告出稿が可能だそうです。(精度のほどは不明)

どうやって設定するの?

まず広告マネージャーへ進みます。

そして、コンバージョントラッキングというボタンがあるのでクリックします。

右上のコンバージョンピクセルを作成、をクリック。

任意の名前をつけて、カテゴリを選んだら

トラッキングコードが出てきますので、それをFacebook外のコンバージョンページヘ埋め込みます。

あとは、生成されたタグをコンバージョンページのheadタグ内に埋め込めばOKです。

まとめ

商材によってはYahoo!やGoogleの検索エンジンでの戦いが激化し、Facebook経由の方が安価に費用対効果の高いユーザーを流し込めるという業界もあります。

それとサイトによってはYahoo!プロモーション広告の審査は通らないが、Facebook広告ならOKとういう商材もあるかもしれませんね。

すべてのサイトにFacebook活用が必要だとは思いませんが、必要な方は効果的に活用していただくためにコンバージョントラッキングの導入をおすすめします。



業界初のリスティング広告運用総合支援ツール Lisket(リスケット)

Facebookもチェック