リスティング広告代行の専門会社|Yahoo!プロモーション広告・Google AdWords完全対応|東京・大阪・名古屋

一括編集機能が便利になった!?<AdWords>


最近AdWordsの一括編集機能がグレードアップしたようです。
今回はキーワードの一括編集機能を使ってみます。

  1. 「キーワード」→「編集したいキーワードを選択」→「編集」

  2. 「上限クリック単価を変更」を選択
□「上限クリック単価を変更」
□「キーワードテキストを変更」
□「マッチタイプを変更」
□「リンク先URLを変更」
の4つを新たに選択できるようになりました。

上限クリック単価を変更

 □「上限クリック単価を次の割合で引き上げる」
□「上限クリック単価を次の割合で引き下げる」
□「ページ上部表示の推定入札単価まで引き上げる」
□「First Page Bid の見積もり額まで引き上げる」
の4つが利用可能です。

「上限クリック単価を次の割合で引き上げる」を選択してみます。

%単位と金額指定で入札単価の変更ができます。さらに、引き上げる金額の上限設定も同時にできるようになりました。
ちょっとした変化ですが、ユーザーにとっては有り難いですね。

「キーワードテキストを変更」


□検索と置換:特定の語句で検索してキーワードを置換。
□後方へのテキストの追加:選択したキーワードの後部に文字列を追加。
□文字種を変換:「語頭を大文字」「最初の語の語頭を大文字」「すべて小文字」に変更。

の3つから選択できます。

※そのままキーワードを置換してしまうと、元のキーワードが「削除済み」扱いになってしまい以後のレポートが追えなくなってしまいます(以前のレポートを見ることは可能)。
「一致するキーワードを複製し、複製したキーワードのテキストを置換」にチェックを入れることで、既存のキーワードを残したままで新たにキーワードを追加することが可能です。

マッチタイプを変更



 マッチタイプをまとめて変更・複製することが可能です(同様に「キーワードを複製し、複製したキーワードのマッチタイプを変更する」を選択)。

リンク先を変更


□「URLを設定」
□「検索と置換」
□「URLに追加」
 「アクション」から上の4つが選択できます。 「URLに追加」ではURLの後方に任意の文字列を追加できます。パラメータを追加する時に活用できますね。ちなみに広告の一括編集時にも同様のことが可能です。

まとめ

今回の編集機能の更新で、AdWords Editor で可能だったことが管理画面上でもできるようになったわけですね。
管理画面を見ていて、ちょっとした変更を加えたい、と思った時に気軽に行えるようになりました。

リスティング運用をこれから始めたい、という方にも取っ付きやすくなりましたね。googleさんのさりげない気遣いに感謝です。



業界初のリスティング広告運用総合支援ツール Lisket(リスケット)

無料メルマガ

登録はたったの5秒!一週間分のコラムを毎週月曜にメールでお届けします。

Facebookもチェック