リスティング広告代行の専門会社|Yahoo!プロモーション広告・Google AdWords完全対応|東京・大阪・名古屋

アナリティクスのキーワード・検索語句、検索クエリの違いとは《Google Analytics》


アップデートが頻繁なGoogle Analyticsですが、その度にメニューの名称変更や追加があり、キーワード関連のメニューでは5種類(2015年8月現在)となっておりますが、それぞれの違いが分からない方も多いのではないでしょうか?
本日はこのキーワード関連のメニューの違いについてご紹介します。

 

キーワード関連のメニュー5種類

01

現在、集客メニュー内にあるキーワード関連のメニューは下記の5種類となります。

  • AdWords > キーワード
  • AdWords > 検索語句
  • 検索エンジン最適化 > 検索クエリ
  • キャンペーン > 検索広告キーワード
  • キャンペーン > オーガニック検索トラフィック

それでは、それぞれの違いを見ていきましょう。

 

AdWords > キーワード

AdWordsで広告主が検索連動広告で入稿しているキーワードが表示されます。
内容としてはAdWords管理画面上のデータと同様となりますので、アナリティクスのみ閲覧している担当者には便利なメニューだと思います。

また、注意点としてはAdWordsとアナリティクスを連携していない場合、表示される項目が全て(not set)になってしまいます。(AdWordsの自動タグ設定を使用していても表示不可)

 

AdWords > 検索語句

上記の「AdWords > キーワード」同様にAdWords管理画面内で確認できる検索語句のデータを流用し表示しています。
こちらもAdWordsとアナリティクスの連携が行われていないと(not set)表示となります。

 

検索エンジン最適化 > 検索クエリ

こちらはGoogle検索結果にサイトURLが表示された時に使われた検索クエリ(検索されたキーワード)が表示されます。AdWordsの内容は含まれません。
このメニューの特徴としては、主にSEOでクリック率や掲載順位を確認するツールなので、コンバージョンの項目がありません。

使用する場合はSearch Console(旧ウェブマスターツール)との連携が必要となります。

 

キャンペーン > 検索広告キーワード

上記にある「AdWords > キーワード」との違いは、AdWordsとアナリティクスが連携していないくても表示がされます。
また「AdWords > キーワード」では検索連動広告のみでしたが、こちらではディスプレイ広告も反映されます。

ただ、検索広告キーワードというメニュー名ですがAdWordsのみのデータのため、Yahoo!スポンサードサーチやYDNなど他媒体の広告は含まれません

 

キャンペーン > オーガニック検索トラフィック

上記にある「検索エンジン最適化 > 検索クエリ」との違いは、Search Consoleとアナリティクスが連携していないくても表示がされます。
また、表示されるデータは、Google以外のYahoo!やBingなど、チャネルがOrganic Searchと判定されるものの合算値となります。

 

まとめ

今回ご紹介したメニューは一見似ている内容もありますが、それぞれ計測しているデータに違いがあるので、しっかり内容を把握をした上で役立ていきたいですね。

ご紹介しましたキーワードに関するデータを、リスティング広告に役立てるなら「検索エンジン最適化 > 検索クエリ」からクリック率の高いキーワードを選んだり、「キャンペーン > オーガニック検索トラフィック」でコンバージョンが獲得できているキーワードを追加を行うのが効果的かと考えます。

個人的には、これまでアナリティクスの代名詞でもあった流入キーワード(現メニューではオーガニック検索トラフィック)の表示箇所がメニュー内で下位に表示されるようになり、代わりにAdWordsやソーシャルが上位に表示されていることが気になりました。

「今後、SEOだけで流入数を増やすことは難しいから、サイト運用を行うならAdWordsやソーシャルも意識しなさい」とのGoogleからのメッセージかもしれないですね。。。



無料メルマガ

登録はたったの5秒!一週間分のコラムを毎週月曜にメールでお届けします。


業界初のリスティング広告運用総合支援ツール Lisket(リスケット)

リスティング広告の下請け業務請け負います

リスティング広告お客様実績資料集のご請求

サービス概要ご紹介資料

お問い合わせ