リスティング広告代行の専門会社|Yahoo!プロモーション広告・Google AdWords完全対応|東京・大阪・名古屋

電話CVと実際に電話の鳴った数の違いを検証してみた


スマホメインで配信しているアカウントの場合、電話CVを利用することが多いと思います。
今回は電話CVと実際に電話になった数でどの程度差があるかを検証してみました。

●前提

業種:水漏れ
配信媒体:Yahoo!スポンサードサーチ
配信デバイス:スマホ優先

比較的緊急度の高い商材です。
電話CVと別に、DLPOを駆使して、実際に電話のがった日時、問い合わせ内容、受注金額をDBに更新していただいています。

●結果

a

 

電話CV(総CVベース)が269件に対して、実際の電話件数は268件でした。
この結果より、電話CVと実際の受電数に差がつきにくいアカウントであると考えられます。

そのため、総CVベースでのCPA改善により、予算内でのCV増加を目指しています。

●まとめ

上記にさらに顧客単価を組み合わせて、疑似的に売上推移を把握することも可能なアカウントでした。
お客様の協力次第ですが、綿密なヒアリング、情報提供により、実態を把握して運用に生かしていきたいですね。



業界初のリスティング広告運用総合支援ツール Lisket(リスケット)

Facebookもチェック