リスティング広告代行の専門会社|Yahoo!プロモーション広告・Google AdWords完全対応|東京・大阪・名古屋

Googleの品質スコアの表示方法が変更されているという件


日々の運用、お疲れ様です。 リスティング広告を運用していると、どうしても気になるデータと言えば?

「品質スコア」

かなと思います。

その「品質スコア」の表示方法が、Googleにおいて、変更されていたことはご存知でしょうか? 今回は、「どのように変更されたのか?」「今回の変更によって、運用上どういうメリットがあるのか?」という点を、 お伝えしたいと思います。

今回、変更された「品質スコア」の見方

変更された「品質スコア」の見方は、以下の通りです。

これまで通り、タブ「キーワード」より、「ステータス」欄のバルーン部分に、
マウスオーバーすることによって、詳細画面が浮かび上がります。

以下は、参考画像です。

品質スコア見方画像

追加された項目に関して

【推定クリック率】

Adwordsヘルプからの定義は、以下の通り。
・特定のキーワードに対して広告が表示された場合に、その広告がクリックされる見込みを示すキーワードステータス

この項目は、「平均より上」「平均値」「平均より下」の3段階で評価されます。

この項目に関する注意点としては。

「広告の掲載順位とは関係なく決定され、過去のキーワードの掲載結果も考慮している」
「この項目を決定する際には、完全一致のキーワードのみが対象とされる」
「この項目は、あくまでも推定であり、管理画面上に表示される実際のクリック率とは異なる」

という点かなと思います。

以下、参考ページとなります。
Adwords ヘルプ「推定クリック率」

【広告の関連性】

Adwordsヘルプからの定義は、以下の通りです。

・キーワードと広告の関連度を示すキーワードステータス

この項目は、「平均より上」「平均値」「平均より下」の3段階で評価されます。

つまり、この項目は、キーワードと広告のマッチング度合いを確認することができるということです。

この項目に関する注意点としては。

「仮に「平均より下」であった場合、広告グループ内にあるキーワード量が多すぎる為に、適切に再構成を行い、適切な広告文を設定するなどの改善策が必要」

という点かなと思います。

以下、参考ページとなります。
Adwords ヘルプ「広告の関連性」

【リンク先ページの利便性】

Adwordsヘルプからの定義は、以下の通りです。
・広告をクリックしたユーザーに対する、ウェブサイトのリンク先ページの関連性と利便性を表す指標

この項目は、「平均より上」「平均値」「平均より下」の3段階で評価されます。

この項目に関する注意点としては。

「広告をクリック・誘導したユーザーにとって、わかりやすく役に立つコンテンツになっているかどうか、検索内容と、コンテンツが関連性が高いかどうか、サイト構成が整理されていて、操作しやすいかどうかなどによって、決定されます。」

という点かなと思います。

この点、個人的に面白いと感じたことがあります。

キーワードを作成する上で、サイトコンテンツを参考にする為、「どんなユーザーに来てほしいか?」「このサイトに来るユーザーは、こんなキーワードで検索するんじゃないか?」などを考えておけば、「コンテンツとの関連性」という部分は、クリアされると思います。

ただ、その「コンテンツとの関連性」以外にも、「わかりやすく役に立つコンテンツであること」「整理整頓されたサイト構成」「サイトの操作性」なども、この項目の決定に際し、考慮されるということで、リスティング広告外の要因、つまり「サイトそのもの」も要因となるという点です。

これまで、管理画面内でほぼ決まっていた数値が、今回の表示方法の変更に伴い、Googleから「サイトそのもの」も要因となるということを明示し始めたことは、リスティング広告の効果を改善する為には、「サイトそのもの」も改善対象になるということを、リスティング広告という枠の中でも、語る必要があるということを、示唆し始めたということかなと考えています。

以下、参考ページとなります。
Adwords ヘルプ「リンク先ページの利便性」

まとめ

以上が、Googleの品質スコアの表示方法に関する変更点でした。

得てして、「品質スコア」が高い方が、クリック単価を安く済ませることが出来る為、どうしても、気になる数値であるということは事実です。

ただ、この数値に固執するあまり、別の数値(例えば、コンバージョンとか獲得単価とか)の分析が疎かとなり、運用効果を改善するための、本当に行うべき施策が後手に回ってしまうと、本末転倒であると、個人的には考えています。

ので、運用の結果から出現した数値・データに関しては、バランス感覚をもって、望みたいところですね。

以下、参考情報となります。
Google Inside Adwords(Adwords 日本版 公式ブログ)より。
「品質スコアの表示方法が変わります」



業界初のリスティング広告運用総合支援ツール Lisket(リスケット)

Facebookもチェック