リスティング広告代行の専門会社|Yahoo!プロモーション広告・Google AdWords完全対応|東京・大阪・名古屋

AdWords Editorがバージョンアップ《AdWords》


 

2012年7月2日にAdWords Editor のバージョン 9.8がリリースされました。

既にAdWords Editorをお使いの方はソフトを起動する度にアップデートの確認が出てきているはずです。

今回のバージョンアップにより、いくつかの変更改善が行われたわけですが、今回はその中から地域設定に関する変更についてピックアップしてご紹介します。

地域設定について

[ターゲット設定] タブに追加された新たな [地域] タブができました。
いままでは各キャンペーン毎に個別で地域設定を 行わなくてはなりませんでしたが、このタブの出現によりキャンペーン間で地域を簡単にコピーアンドペーストできるようになりました。

地域の設定を細かく行なっている人にはとてもありがたい改善ではないでしょうか?

ただし、新バージョンでの地域設定の方法がちょっと分かりづらかったので、以下で解説します。

■地域設定手順

地域を設定する場合は、[+地域を追加]ボタンをクリックします。

地域名を入力欄がでてきますが、例えば「愛知県」と入力しても、IDの項目が”-”となっており、地域が不明との警告が出てしまうので、[地域の編集/検索]をクリックします。

すると、地域を設定するウィンドウが立ち上がりますので、ここから必要な地域を選択して[OK]ボタンをクリックします。

ちなみに「リーチ」とは、その地域を指定した場合にターゲットとなるユーザー数のおおよその数です。

まとめ

商圏の限られたビジネスを行なっている場合、地域設定はマストな作業の一つです。

今回のバージョンアップでますます使いやすくなったAdWordsEditorを活用して、しっかりと地域設定をおこない広告のパフォーマンスを高めてください。

 



無料メルマガ

登録はたったの5秒!一週間分のコラムを毎週月曜にメールでお届けします。


業界初のリスティング広告運用総合支援ツール Lisket(リスケット)

リスティング広告の下請け業務請け負います

リスティング広告お客様実績資料集のご請求

サービス概要ご紹介資料

お問い合わせ