リスティング広告代行の専門会社|Yahoo!プロモーション広告・Google AdWords完全対応|東京・大阪・名古屋

【スポンサードサーチ】キャンペーンエディターの隠れた知っ得機能とは


こんにちは鈴木です。

人間たるもの、ミスは何かしらあると思います。
私は最近仕事上では特にありませんが、それも支えてくれるメンバーのお陰。
先日、無事故/無違反運用という点で、とあるパートナー様にお褒め頂きました。
皆で頑張っている甲斐があるなぁ・・・と、とても嬉しかったです。

今回は、無事故無違反運用に向けて、細かいながら知ってると嬉しい情報をお送りします。
特に、スポンサードサーチで広告カスタマイザを利用する方、必見だと思います!

どんな機能?

それは、主に広告カスタマイザを利用する際に起き得るミスである「全角/半角ミス」を、エディタ側が自動で判別してくれるという機能です。
例えば、以下の文。
パッと見て、どこが半角・どこが全角かわかりますか?

{=Y_AdCustom_A.タイトル1}{=Y_AdCustom_A.タイトル2}
{=Y_AdCustom_A.説明文}

コレ、意外と分からないもので・・・
間違えてそのまま入稿してしまう
→結果、数式そのものがテキストとして認識され、審査も通過
→気づかないまま、数式を広告で配信(または寸前で気づいて止める)
なんてパターン、ご経験ないでしょうか。
※あってはいけませんが、過去危険だった事例は弊社でも存在します
Yahoo!キャンペーンエディターには、これの対策が施されていることをご存知でしたでしょうか。

判別してくれている!

入稿時に気づければよいのですが、上述のとおり違いに気づきにくい全角/半角ミス。
以下の画像をご覧下さい。

  • 上の数式:半角
  • 下の数式:全角

という状況です。


如何でしょうか。見事に判別してくれていますね!
下の広告文がエラーとなり、全角になっている箇所を指摘してくれています!
これなら、広告カスタマイザで数式のエラーが激減しますので安心ですね!!

そして、なんと!今回の記事はコレだけなのですが・・・
凡ミスが1個減ることがどれだけ有用な話なのかは、日々多数のアカウントに携わる運用者の方なら、共感頂けると信じています。

Adwordsはどうなの?

ちなみに、GoogleAdwordsのエディタでは、この判別機能がありません。

画像のとおり、半角・全角どちらの広告でもエラーはなく、区別されていませんでした。

Adwordsはカスタムルールを作ればいける!

カスタムルールで設定して、区別出来るかも試してみました。
すると、うまくいきました!!
以下参考画像となります。

これなら安心。
デフォルトではそういうエラーは存在しないため、カスタムルールを作成して対応しましょう。
インポート用カスタムルールはXMLファイル形式でエクスポート→インポートできます。
余談ですが、社内運用部ではこのルールを作って共有しました。
方法は過去記事もご参考下さい。

インポートの簡単な方法とは

カスタムルール作成からのインポートで、1アカウントづつ作業するのはとても大変です。
そのため、一括インポートを使いましょう。

 

「アカウントマネージャー」上で、インポートしたいアカウントを全選択しましょう。
そのうえで、カスタムルールを選択して、インポートするだけ。
非常に簡単ですよ。
ただし、新しく追加したアカウントは、ダウンロードしてから新たにインポートする必要があるためご注意を。

判別機能を組み入れた背景の推測

そもそも、Yahoo!とGoogleの大きな違いとして「国産」か「海外」か、でルーツが異なります。
Googleでこの判別が機能しないのは、海外では全角という概念が存在しておらず、それが無い前提で作っているからではと思います。
その視点を持ってリスクヘッジを考えていくと、結構機能するんではと感じました。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
些細なことですが、プロとしての配信品質を担保するため、凡ミスを減らす事も運用者の努め。
パフォーマンス改善以前の問題が起きないよう、テクノロジーを活用して、出来る限りヒューマンエラーの削減を意識したいところです。
これからも、困難ながらやりがいのある目標「無事故/無違反運用」の継続的な実現に向けて精進します。
鈴木でした。




業界初のリスティング広告運用総合支援ツール Lisket(リスケット)

リスティング広告の下請け業務請け負います

リスティング広告お客様実績資料集のご請求

サービス概要ご紹介資料

お問い合わせ