リスティング広告代行の専門会社|Yahoo!プロモーション広告・Google AdWords完全対応|東京・大阪・名古屋

リスティング(PPC)広告の予算について


お客様から良く言われることに

「リスティング広告やりたいんだけど、予算いくらにすればいい?」

ということがありますが、画一化した回答が非常に難しいです。

というのも、主要なキーワード広告はオークション方式であるため、出稿コストが同業他社の動向に大きく影響を受けます。 その一方で、キーワードによっては月々数万円からでも始めることができるので、大胆な予算取りができない企業にとっても取り組みやすいという面もあります。

したがって、外的な要因にとらわれず、自社サイトで取り扱っている商材や、売上の規模、事業計画など、各ウェブサイトの事情に合わせてROI(費用対効果)の観点から予算を設定することが、もっとも堅実なやり方だといえます。

それではどうやって予算を設定するのか? 以下にて一例をご紹介致します。

目標CPAと目標成果数から予算を導き出す

予算設定の目安として、「CPA」(コストパーアクション、または、Cost Per Acquisition:新規顧客獲得単価)を基準にするという方法があります。

多くのウェブサイトは、ただアクセス数を増やすことが目的ではなく、その先にある「成果」を求めている。この成果点は、商品の購入、ユーザー登録、 資料請求、問い合わせなど、扱っているサービスによって異なりますが、この成果を1件獲得するためにかかるコストがCPAです。 このCPAの目標値を設定 し、獲得したい件数を掛け合わせることで、月間予算を算出することになります。このやり方なら、消費した金額に応じた成果が獲得できるので、ROIを大きく落 とすことがありません。

例えば、10万円のスーツを売っているお店の場合、

スーツ売値10万円-卸値7万円-発送手間賃その他もろもろ1万円=2万円
1万5千円の粗利は欲しいので、2万円-1万5千円=5千円
1着売るための広告予算すなわち目標CPA=5千円
1か月に100着売りたいので、目標CPA 5千円×100着=50万円
1月あたりのキーワード広告総予算は50万円以内

という考え方で予算を決定します。 ただし、これはあくまで例として簡略化したものですので、実際にはもっと複雑な要素が絡み合って予算の算出が難しくなるものです。




業界初のリスティング広告運用総合支援ツール Lisket(リスケット)

リスティング広告の下請け業務請け負います

リスティング広告お客様実績資料集のご請求

サービス概要ご紹介資料

お問い合わせ