リスティング広告代行の専門会社|Yahoo!プロモーション広告・Google AdWords完全対応|東京・大阪・名古屋

【悲報】Gmailへの広告配信が出来なくなった件【AdWords】

n1154bca95f0d4df

Google AdWordsのディスプレイ広告配信先の選定の中でGmailを入れる広告主様も多いのではないでしょうか。
特にGmailを使用しているユーザーが興味関心がある商材(情報商材やセミナーなど)を取り扱ってる広告主様はこぞってGmailに出稿をしていました。
そんな中、Gmailに広告が出にくくなり、最終的に配信が確認出来なくなった経緯を記載します。

ファーストインパクト

Gmailへの広告配信をしていて『おや?なんかおかしいぞ』と感じたのは2013年12月末頃でした。
手動プレースメントでGmailを設定している広告の表示回数が極端に減りました。
元々数十円だった入札価格を500円程度に引き上げることで、ようやく広告の表示がされるようになりました。
要因はGmailを配信先とする広告主が急激に増え、結果CPCが高騰する形となり入札価格を上げないと広告が表示されない状況となったためでした。
※但し、自動プレースメントではGmailへの配信は数十円でされておりました。

セカンドインパクト

年明けの2014年1月から更に広告の表示がされなくなりました。
入札価格を2,000円程度上げても表示されないことも・・・
※この期間も自動プレースメントではGmailへの配信は数十円でされておりました。

サードインパクト

2014年10月に自動プレースメントでも広告の配信が確認できなくなったため、Googleに確認したところ『一部のアカウントを除いて10月より手動プレースメント指定しての広告配信が随時できなくなります』との回答がありました。
10月時点では『手動プレースメント』と回答をもらいましたが、後日別の担当の方に問い合わせたところ『自動プレースメント』でも配信が出来なくなったようです。

つまり、AdWordsではGmailへの広告配信が不可となったと言う事になります。

実際の管理画面の推移

g3上記はGmailでのコンバージョン獲得が極端に多い(多かった)アカウントのグラフです。

  1. 2014年10月:CPAはそこまで変わりませんでしたが、CV数が4分の3に
  2. 2014年12月:CPAが2.5倍近く上昇。CV数は10分の1に激減
  3. 2015年 1月:辛うじてCVを獲得しているもののほぼCV無し

上記の様な結果になりました。このアカウントでは元々Gmail以外のプレースメントからもCVを獲得していたため、CV数などが0となりませんでしたがGmailへの配信はされておりません。

Gmailにはこれから配信できないの?

今のところAdWordsでの広告配信は不可となっているようです。
今後は新しい配信方法のGSP(Gmail Sponsord Promotion)が導入される予定(実際には未定)ですので、今はこの導入を待つしかないようです。

GSP(Gmail Sponsored Promotion)とは
Googleの新しい広告サービスでGmail上に表示される広告枠のことです。
まだβ版のため一般ユーザーは利用することができないようです。

これまでGmailへの広告配信で多数のCVを獲得していた広告主には厳しい状況ではありますが、一部を除き全てのアカウントでGmailへの広告配信が出来なくなったため、この条件は他社とも同じとなります。
そのため、ひとまずGmailでの功績は忘れ新たな配信先プレースメント発掘等が必須となります。



業界初のリスティング広告運用総合支援ツール Lisket(リスケット)

無料メルマガ

登録はたったの5秒!一週間分のコラムを毎週月曜にメールでお届けします。

Facebookもチェック