リスティング広告代行の専門会社|Yahoo!プロモーション広告・Google AdWords完全対応|東京・大阪・名古屋

【成功事例】マーケティングの知識は日常生活で学べる


リスティング広告運用者はアカウントのパフォーマンスを上げるために、マーケティングの知識を持ち合わせる必要があります。
運用テクニックの知識だけでは引き出せない成果というものが、必ずあるからです。

広告運用の実践経験を積み重ねることでマーケティングの知識を深めることはできますが、日常生活の中でも学ぶことができるのではないでしょうか。今回の記事では、私の日常生活の中で印象に残ったマーケティングの成功事例を紹介してみたいと思います。

付録付き女性誌が『付録なしコンパクトサイズ化』で人気

参考:[雑誌] コンパクト版 LEE (リー) 2014年 11月号※付録なし

Amazon.co.jp: コンパクト版 LEE  リー  2014年 11月号  雑誌   本

<成功ポイント>
・付録有りよりも150円程度安く買える
・バックに入る大きさ&軽さ

【コメント】
付録のマンネリ化により買い控え客が増えていた現状を打開したアイデアに驚いた。
リスティング広告を長期運用しているとCV数が頭打ちになりやすいが、商材やサービスに新しい切り口の訴求点を見つけることでCV数を増やせる可能性があると感じた。

女性のコンプレックスをプラスイメージに転換した下着ブランド

■貧乳女子向けのランジェリーブランド「feast」
※ネットのみで販売し、わずか数時間で完売したそうです。

feast|GOMI HAYAKAWA

<成功ポイント>
・『シンデレラバスト=貧乳=品乳』という造語で貧乳をプラスイメージに
・ネット販売のみ限定生産の希少価値

【コメント】
「シンデレラバスト」というネームが秀逸で、興味がわく。造語を作って貧乳に対するイメージを逆転させるという発想がすごい。ディスプレイ広告にこの発想を取り入れてみたい。

まとめ

CV数が増えない、、、という悩みを即解決することではないのですが、リスティング広告運用者は、ユーザー視点で物事を見るということが重要なのではないかと思います。

運用テクニックはもちろん大事ですが、それだけにとどまらない懐(ふところ)の深い運用者を目指したいですね。



業界初のリスティング広告運用総合支援ツール Lisket(リスケット)

無料メルマガ

登録はたったの5秒!一週間分のコラムを毎週月曜にメールでお届けします。

Facebookもチェック