リスティング広告代行の専門会社|Yahoo!プロモーション広告・Google AdWords完全対応|東京・大阪・名古屋

Google+の情報が、GoogleAdwordsに表示されるようになった件


概要

去る11月11日より、Google+の情報が、GoogleAdwordsの広告部分に
表示されるようになりました。
既に、ご存知の方もいらっしゃるかもしれませんが、実は10月11日に
「事前案内」という形で、Googleから利用規約変更の連絡が来ていたりします。

Google利用規約変更本文

では、どの部分のGoogle+情報が表示されるのでしょうか?

・Googleプロフィール名
・写真
・作成したおすすめ情報(共有したレビュー、+1した広告など。)

「作成したおすすめ情報」に関しては、Googleでは、「共有おすすめ情報」と定義しています。

「共有おすすめ情報」とは?

これらの情報を、広告に表示させるのは、Facebookの「Sponsored Stories」と
同じような動きをしています。

ただ、唯一の違いとしては、Facebookの「Sponsored Stories」は、
Facebook内でしか広告表示されないのに対して、今回の変更は、
Google検索、YouTube、GoogleMaps、Gmailなどなど、今あるGoogleのサービスの
ありとあらゆるところに、広告として表示される可能性があるということです。

どんな感じになるの?

では、実際に、どのように広告表示されるのでしょうか?

仕事柄、いろいろと検索しているのですが、日本では、
今回の変更に伴う、Google+情報が載った広告を見ていません。

↓こんな感じで、広告表示されるようです。

Google プロフィール広告表示例

Google+ヘビーユーザーは、なかなかショッキングな規約変更ではないでしょうか。
この点、Google側は、今回の規約変更に際し、以下のようなメリットがあると言っています。

  • 役立つ情報とは、「知っている人」からの情報であり、その情報をを共有できる。
  • 知っている人からのフィードバックがあると、時間の節約ができる。

つまるところ、「役立つ情報は、みんなで共有し合いましょうね♪」ということでしょうか。

自分の持っている情報を、積極的に開示したい方には、良い規約変更かもしれませんが、
逆の方には、なかなか抵抗があると思います。

この広告表示を拒否することはできるのでしょうか?

拒否する方法はあるのか?

結論から言うと、「拒否できます」。

その方法は、以下の通りです。

Google+の「設定」ページに変更することができます(赤枠部分)。

Google+広告表示拒否設定_No1

 

Google+広告表示拒否設定_No2

 

まとめ

以前、「Googleの検索結果に著者情報(名前・顔写真など)を表示させてみよう」と
いう記事がありましたが、今回は、リスティング広告版に近いものなのかなと思います。

これまで、Googleは、「キーワード・検索」という、人間の「外」へ発露、出現した
キーワード、言葉、テキストを軸にして、人間の欲求・ニーズなどを満たすことが
できるよう、技術進化を遂げてきました。

それが、ここ最近の動き方(今回の変更や、パーソナライズド検索、RLSAなど)を
見ていると、「外」に出てきたものを捉えるというよりも、直接「内」を捉えるような
技術の開発を行っているように思えます。

個人的には、興味深いですが、いずれ、Google先生によって、全て丸裸に
される日も近いかもしれませんね。

 

 



業界初のリスティング広告運用総合支援ツール Lisket(リスケット)

無料メルマガ

登録はたったの5秒!一週間分のコラムを毎週月曜にメールでお届けします。

Facebookもチェック